マルドゥック・スクランブル 排気
ホーム > 作品情報 > 映画「マルドゥック・スクランブル 排気」
メニュー

マルドゥック・スクランブル 排気

劇場公開日

解説

第24回日本SF大賞を受賞した冲方丁の小説をアニメーション映画化した3部作の完結編。賭博師シェルの企む犯罪に巻き込まれ、事件の鍵となるシェルの記憶がカジノの100万ドルチップの中に隠されていることをつきとめたバロットは、ドクター・イースターや相棒のネズミ型万能兵器ウフコックとともにカジノに潜入する。伝説の女性スピナー、ベル・ウィングとの勝負を制したバロットだったが、そこに最強のディーラー、アシュレイが現れる。

スタッフ

監督
原作
冲方丁
脚本
冲方丁
コンセプトデザイン
菊田幸一
キャラクターデザイン
鈴木信吾
中井準
総作画監督
鈴木信吾
中井準
メカ・銃器デザイン
大久保宏
色彩設計
海鉾重信
美術監督
野村正信
撮影監督
福士享
音響監督
三間雅文
音楽
Conisch
主題歌
林原めぐみ
アニメーション制作
GoHands

キャスト(声の出演)

作品データ

製作年 2012年
製作国 日本
配給 アニプレックス
上映時間 66分
映倫区分 G
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
3.5 3.5 (全2件)
  • 悲しくも強く。 出きるならば三作全部劇場で見たかった! 地元でやってなかったので、凄い良かった映像も綺麗で引き込まれるし。 内容も深く考えさせられる。 それぞれの過去や結末に色々な思いが巡りました。 戦い以外の... ...続きを読む

    meuko* meuko*さん  2013年11月8日  評価:5.0
    このレビューに共感した/0人
  • このキャスティングに納得。エンディングはブレードランナーかな。 三部作「圧縮」「燃焼」に続く完結編。悲惨な境遇から拾われて娼婦としてだが華やかな生活をしていた少女バロットは、恩人であり庇護者でもあったカジノ経営者シェルに理由もわからぬまま殺されかけた。法廷で... ...続きを読む

    aotokage aotokageさん  2012年10月11日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

「マルドゥック・スクランブル」シリーズ関連作品

他のユーザーは「マルドゥック・スクランブル 排気」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi