そして父になるのレビュー・感想・評価

メニュー

そして父になる

劇場公開日 2013年9月28日
218件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

中立でみれる

赤ちゃん入れ替えによって二つの家族に起こった葛藤。エリートと庶民、都会と田舎、タイプが正反対の双方の父親と、入れ替わった子供。双方が極端なので、どちらの立場にも共感と違和感を覚えるため、中立の立場で観ることが出来る。父とは何か、親とは何か、家族とは何かを考えさせられる。

トタ助
トタ助さん / 2018年3月21日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  幸せ 怖い 難しい
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

過酷な現実

色々考えさせられた。親子供関係なくこれが現実だと知らされたらどんな心境になるのか。本作はとても感動的であったが、そういう面ではとても恐ろしい。ヒューマンドラマゆえそれは当たり前だが、人物を一人一人丁寧に描いており、感情移入しやすい。それぞれの立場になって考えることができるため、よりこちらも胸が締め付けられる思いになるわけだ。だからこそやや自分勝手な考えだった福山演じる父親の最後の台詞、「出来損ないだけど、パパだったんだよ」が響くのだろう。
産みの親、育ての親…この問題は本当に難しいだろう。私にはまだ子供がいないため、もしかしたら本作の真意は分かっていないかもしれない。私に子供が生まれ、親としての自覚が現れた頃にもう一度鑑賞するとそれが分かってくるだろう。単なるいい映画ではなくて。

MASERATI
MASERATIさん / 2018年1月26日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

そして父になれたか

6年育てた子供は別の家の子でした。

是枝監督初経験。
一人一人の心情をしっかり描いており、評判に違わぬ良作。価値観は人によって家庭によって異なり、それぞれ良かれと思った行動をしているのだけれど、すれ違いが続いていく。
父親も母親も子供もいたたまれなくて、見ているのが苦しかった。

はっきりとしたラストは描いていないので、それが苦手な人には向かないかも。親との関係、子との関係、自分を司るアイデンティティ、登場人物がそれぞれ持論を述べていき、視聴者自身も見つめ直すこととなる。私は人間は育ちだと思うけれど、養子を育て言う事を聞かなかったら、それを血のせいにしてしまうかも。

awahira
awahiraさん / 2017年11月18日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

無機質なピアノ、カメラワークが素晴らしかった

終わりかたがイマイチで後味が悪かったが作品としては良い

むぎ
むぎさん / 2017年10月29日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ロードショーにて

内容はすごく重たいな。
そりゃ、6歳にとっても過酷な現実。
ところどころ、はしょられてて残念。

walkindude
walkindudeさん / 2017年10月28日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

私は野々宮家で育ちたい

野々宮家と斎木家、どちらが良い、どちらが悪いではないと思う。
もしかしたら世間的には斎木家の方が裕福でなくても親からしっかり愛情と時間をそそがれているという良い印象なのかもしれないが、私は野々宮家で育ちたいと思った。

私の父親も仕事ばかりで遊んでもらった記憶などはないが別にそれが悪かったとは思わないし、経済的に不自由なく育ててくれ、習い事にも通わせてくれたことの方が感謝している。小学生のときは確かに遊んでほしいと思っていたのかもしれないが、大きくなるにつれてそんなことよりも家庭の金銭的なことの方が気になる。

野々宮良多の子供に対する接し方は絶対に間違っていたことではないと思う。
でもこの映画はどちらかというと斎木家を良しとするような映し方であまり気に食わなかった。

世紀末
世紀末さん / 2017年10月23日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

気持ちはわかる。

気持ちはわかる。
ここで終わりじゃなくて、この後も人生続くぞ、という感じがよい。
リリーさんのパート、恰好良すぎ。

khapphom
khapphomさん / 2017年10月1日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  知的
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

血の繋がり

感動映画に関して、個人的にとても弱いのが「親子愛」なんです。

やっぱり泣いてしまった。
終盤でブワッときちゃいました。

1番可哀想なのは2人の子どもですね。

「なんで?」が全てを物語ってます。

生まれた時から現在まで育ててもらったんです、その時点でもう子どもからしたら父親・母親なんです。

子どもが成長し、血の繋がりの意味を理解してからでよかったのではないか。

特に福山に関しては血縁というものを利用しての言い訳に過ぎません。

リリー家族は「なんだコイツら?!」と思ったけど、物語が進んでいく内に気持ちが変わりました。

細かい所も気をつけながら観ると色んな発見ができます。

タカ
タカさん / 2017年9月29日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

感情 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

一切の感情を封印し、世間体や効率といった理性を一番に生きてきた良多。これって、世の男性と被って見えました。逆に、電気屋さん、ふたりの母親は感情で息子に接しています。「可愛いから」「好きだから」という感情は、「将来のため」という理性よりも、原始的なものなのかもしれません。だから、子供にも伝わるのかも。

息子が入れ違いになったことでやっと、良多は育ての母親や妻、そして息子に愛されていることに気がついたのだと思いました。感情を封印していると、愛されていることにも気がつかない。なんか、警告のようですね。のらりくらりなリリーさんの演技は、今作でも素晴らしかったです。

ミカ
ミカさん / 2017年9月23日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  難しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

心の裕福と物質の裕福が対照的 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

子供にとって楽しさが1番だろう。

Cyuan-huei
Cyuan-hueiさん / 2017年9月22日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

彼らの気持ちになって

映画館でみて、この前の地上波も観ました。

私はかなり感動して好きな作品の一つです。
話の流れがゆったりなので、そういうのがダメな人は眠くなるかもしれませんが映画館で見た分には最高によかったです。

TVだとやはり映画より集中出来ないので、
感情移入しにくいですが映画で集中して観ていると
自分を含め周りの方も結構泣いておられました。

仕事では何でも出来る男が父としては未熟だった。
それが、子供の入れ違い問題ともう片方の家庭との比較で分かり福山雅治(父)が変わっていく姿がとても胸をうたれます。

血の繋がりか一緒にいた時間のどちらを選ぶか、
正解はないですがそれぞれの人の考え方があり
その一つがこの作品だったと思います。

父と子のあり方が改めて考えさせられる作品だと思います。

完璧に見える人にも欠点があります。
そこにも気付かされる作品になってます。

yona
yonaさん / 2017年9月20日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館、TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

becoming a father

難しいテーマ 20歳になったら本人含め話し合えば良いかと考えました 2組の両親ができるということもあり得る 2家族あの家に住むことを示唆した可能性も?

いい演技でした

Shuhei
Shuheiさん / 2017年9月18日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

映画としては最低

映画としての評価は0,5。
本当は、マイナス3だけど。

お金を払って、劇場で観たら腹が立つだろうなァ。

実話を参考に制作された作品なので、
興味を持ってテレビ視聴したけど。

制作にお金を掛けない、安いセットの仕上がり。
効果音無し。音楽も、ラストだけ(ピアノソロ)

テーマはとても良かったのに、ガッカリ。

テレビドラマだとしたら、評価は5だけどネ。

これは、演劇、舞台上演の方が
感動するだろうなァ(良い脚本、演出で脇を固めれば)

本編の良かった所は、ラスト近くで
福山雅治がカメラを見ながら(子供が撮った自身の姿)
アゴがピクピク震えるシーン。
演技がうまかった。

是枝監督、テレビドラマはいらない。
「これが映画だ」と言える作品をお願いします。

ジョニー
ジョニーさん / 2017年9月17日 / PCから投稿
  • 評価: 0.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

前半、尾野真千子さん以外の人物を誰も好きになれませんでした。しかし...

前半、尾野真千子さん以外の人物を誰も好きになれませんでした。しかし、だんだんと本筋を壊さない程度にそれぞれの人物の説明がなされ、多少同情のような感情は生まれましたが…。

特段盛り上がる場面はありませんでしたが、テンポが悪いとは感じませんでした。もう少し役に感情移入できる要素がほしかったかなぁ。

あーちゃ
あーちゃさん / 2017年9月17日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  泣ける
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

最悪でした ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

最悪でした。 みたことをこうかいしています。 [カンヌをはじめ数々の賞に輝いた] と記述されていたからみたのですが、 見事に期待を裏切られました。 意味不明で冗長で単調で退屈な映画でした。 どこで感動すればいいのかさえ不明でした。 せめてテンポよく 60分間にまとめていれば、 もう少しまともな映画に仕上がっていたのでしょうが。

[子供を病院で意図的にすり替えた] というじてんで、 どう考えてもハッピーエンドは有りえません。 その、 絶望的なストーリーを延々と垂れ流すだけです。 しかも、 一番幸せなのは、 子供を意図的にすり替えた看護師という、 救いがたいはなしです。 これをみて、 どこに感動しろというのでしょうか。

序盤で福山雅治が、 子供がすり替えられていたことをしり、 [やっぱりそうか] と言います。 自分の子供が [自分よりも できが良くないから] です。 しかし、 その子供はピアノをひき、 学校の受験にも合格しています。 つまり優秀です。 このじてんで意味不明です。 最初の子供が無能でなければ、 筋が通っておらず、 視聴者には意味不明です。 このような作品の未熟さが非常に多くの点で存在します。 よって理解不能です。 ひどい作品です。

貧乏家族の方の子供がゲームウォッチ (ドンキーコング) で遊んでいたのも意味不明です。 貧乏アピールだったのでしょうが、 2017年現在ではゲームウォッチは希少品です。 念のため買取価格を調査したら 1万500円でした。 ゲームウォッチは高値で売り払い、 普通に普及している携帯ゲーム機で遊ばせるべきです。 最初は [ゲームウォッチで遊んでいるということは、 何十年も前のはなしなのだろう] と思ったものの、 携帯電話を使用していたので最近の時代であると判断できました。 このような珍妙な設定が多く、 視聴者を混乱させます。

福山雅治が終盤に涙ぐむシーンも理解できません。 [以前の子供が福山雅治の写真を数多く撮影していたから] です。 普通、 人間はそんなことで泣きません。 泣くとすれば [子供が自分のために陰ながら努力してくれていたこと] などです。 しかし、 カメラの撮影は違います。 シャッターをおすだけだからです。 視聴者を泣かせることにすら失敗する監督。 見るに耐えません。

Check-inや、レビュー投稿には、ニックネームが必要です
Check-inや、レビュー投稿には、ニックネームが必要ですさん / 2017年9月17日 / PCから投稿
  • 評価: 0.5
  • 印象:  寝られる
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

子供を交換するのは無理・・

地上波でやっていた。「血は水より濃い」という言葉があるが「生みの親より育ての親」という言葉もある・・映画の中で樹木希林が言っていたか!?

亮一君
亮一君さん / 2017年9月17日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  泣ける 悲しい
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

★4.0

ストーリーも配役も良かった。
やはり福山はこの手の役が一番合ってる気がする。
リリー・フランキーも上手い。

じゃがいも
じゃがいもさん / 2017年9月16日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

主役が唇を震わせて泣くシーンで涙腺決壊

微妙にネタバレかもしれないが微妙なので全体公開で。

子供が作った折り紙の花、子供が撮った写真、ささやかな子供の行動……口数は多くは無いが、しっかりと親を見て親を愛していることが、そういうものから伝わってくる。映画全体の構成もそうで、序盤に何気なく出てきた台詞やモノが終盤に効いてくるという優れた伏線回収が多い。

また、子供はどちらの子も一度も泣かず、多くも語らない。そこがキモで、そこがうまい。さすが是枝監督……と思わざるを得ない仕上がりだった。未見の方はもちろん、イマイチだった気がするという方にもぜひ、細かいところまでよく観てみて!と言いたくなってしまう。

猫好きの兎飼い
猫好きの兎飼いさん / 2017年9月16日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  幸せ 悲しい 泣ける
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

過ごした時間と愛

血の繋がりがあるかないかなんて関係ない。
6年間は我が子として愛を注いできたわけだから。
やっぱりお互い元の家がいいですよね。
昔ながらの威厳ある父を象徴する福山雅治と
おおらかで優しい父を象徴するリリーフランキー。
両極端の家庭を強調することによって
考えされることもあり面白かったです。

もっち
もっちさん / 2017年8月4日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

ストーリーは分かりやすかった。 これには結論がない。実の親の元で生...

ストーリーは分かりやすかった。

これには結論がない。実の親の元で生活をすべきか、6年間育った親の元で生活すべきか。
それは¥ではい交換、て訳にはいかない。2組の両親と本人との間では、感情のUP-DOWNや葛藤が生じる。

福山さんがエリートサラリーマンで子どもと距離を置き、あまり接することのないクールで仕事人間を演じていたが、それが写真1つでぐらついていく。6年間と今からの思いが交錯したかのように感じた。

リョウタと両親との関係は何となくわかったが、込み入ったあたりももう少し描いて欲しかった。それによってクールな性格になったのも分かる気がしたからだ。

ホンマ正解はないストーリーだけに、1つのところで提示してくれたのは他の選択肢の想像の布石にもなる。

キッスィ
キッスィさん / 2017年7月1日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

218件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi