The Lady アウンサンスーチー ひき裂かれた愛
ホーム > 作品情報 > 映画「The Lady アウンサンスーチー ひき裂かれた愛」
メニュー

The Lady アウンサンスーチー ひき裂かれた愛

劇場公開日

解説

ビルマ(現ミャンマー)の非暴力民主化運動の指導者で、1991年にはアジア人女性として初のノーベル平和賞も受賞したアウンサンスーチー氏の半生を描くヒューマンドラマ。軍事政権との過酷な戦いや民衆を魅了する強さ、イギリス人の夫マイケル・アリスとの愛情などが描かれていく。作家のレベッカ・フレインがスーチー氏の関係者へ取材を重ねて執筆した脚本を、リュック・ベッソン監督のメガホンで映画化。主演はミシェル・ヨー。夫のマイケル役に英国の名優デビッド・シューリス。

キャスト

作品データ

原題 The Lady
製作年 2011年
製作国 フランス・イギリス合作
配給 角川映画
上映時間 133分
映倫区分 PG12
オフィシャルサイト  

インタビュー

リュック・ベッソン&ミシェル・ヨー スーチー女史の激動の半生を支え続けた愛と強さを描く
インタビュー

リュック・ベッソン監督が、ビルマ(ミャンマー)の民主化運動指導者で、ノーベル平和賞受賞者であるアウンサンスーチー女史の激動の半生を映画化した「The Lady アウンサンスーチー ひき裂かれた愛」。主演を務めるマレーシア出身の女優ミシ...インタビュー

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

虚構にのめり込んできたベッソンが初めて現実のなかに自分の世界を見出した作品
The Lady アウンサンスーチー ひき裂かれた愛の映画評論・批評

リュック・ベッソンがアウンサンスーチーの半生を題材にした映画を撮ったことを意外に思うのは筆者だけではないだろう。これまで彼は、たとえ荒唐無稽に見えようとも、現実に縛られることなく自己の感性に忠実に、独自の世界やキャラクターを生み出して...The Lady アウンサンスーチー ひき裂かれた愛の映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.5 3.5 (全11件)
  • Steel Orchid サッチャーさんが鉄の女なら、アウンサンスーチーさんは鋼の蘭。彼女の志の強さは言うまでもなく、ご主人、息子さん達の苦労も大変なものだったことが伺えます。 将軍の娘という宿命だったのでしょうが、当初... ...続きを読む

    everglaze everglazeさん  2016年3月21日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • 見ているうちにどちらが悪いかわからなくなった ネタバレ! スーチーさんのことは知っていたけど、あまり詳しくミャンマーのことを知らなかったので ちょっとは理解できるかな、とみてみましたが… あまり国の問題については理解できなかった スーチーさんの家族のこ... ...続きを読む

    とば とばさん  2016年3月18日  評価:2.0
    このレビューに共感した/0人
  • アウンサンスーチーと夫の過酷な愛の話 総合:80点 ( ストーリー:75点|キャスト:85点|演出:80点|ビジュアル:75点|音楽:75点 ) 色々と批判もあるノーベル平和賞だが、アウンサンスーチーは文句なしのそれにふさわしい受賞... ...続きを読む

    Cape God Cape Godさん  2015年10月25日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「The Lady アウンサンスーチー ひき裂かれた愛」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi