ラム・ダイアリー
ホーム > 作品情報 > 映画「ラム・ダイアリー」
メニュー

ラム・ダイアリー

劇場公開日

解説

2005年に自殺したアメリカのジャーナリスト、ハンター・S・トンプソンの自伝的小説を映画化。1960年代のプエルトリコで、弱小新聞に執筆する酔いどれフリージャーナリストのポール・ケンプの破天荒な人生を描く。トンプソン原作の「ラスベガスをやっつけろ」にも主演したジョニー・デップが製作・主演。ニューヨークの喧騒に疲れたジャーナリストのポール・ケンプは、自然に囲まれたプエルトリコにやってくる。個性豊かな仲間と毎日ラム酒をあおる生活にすっかりなじんだケンプだったが、ある日、アメリカ人企業家のサンダーソンと知り合い、サンダーソンの婚約者シュノーの魅力に夢中になってしまう。共演にアーロン・エッカート、アンバー・ハードら。

作品データ

原題 The Rum Diary
製作年 2011年
製作国 アメリカ
配給 ショウゲート
上映時間 120分
映倫区分 R15+
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

どんよりとした空気の中に紛れ込んだ、鮮やかな赤が扇情的だ
ラム・ダイアリーの映画評論・批評

原作はジョニー・デップの親友だったゴンゾー・ジャーナリスト、ハンター・S・トンプソン(1937~2005)が22歳の時に書いた半自伝的な青春小説であり、製作も手がけたデップにとって、「ラスベガスをやっつけろ」に次ぐ、2作目のトンプソン...ラム・ダイアリーの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
2.7 2.7 (全21件)
  • ラム・ダイアリー あぁ そうゆうタイトルなんだと最後に気づいた お酒を飲まない私はあんまり気持ちがわからないけど 男の人なら理解できるのかなぁ 実在した人をジョニーが演じてるってことは この人のことをジョニーは素... ...続きを読む

    ふるふる ふるふるさん  2016年7月14日  評価:2.5
    このレビューに共感した/0人
  • 酒タバコが多い 人間模様がよく分かって面白かった。プエルトリコの街の良さが伝わってきて、行きたくなった。舞台が50年前くらいの映画なのでとにかく酒タバコが多かった。独特の雰囲気があってお洒落な映画だった。 ...続きを読む

    パチミソン パチミソンさん  2015年9月9日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • プエルトリコキレイ プエルトリコの街並みがキレイです! こんな生活したいなー ...続きを読む

    なぽ なぽさん  2015年5月21日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

動画配信検索

以下のサービス経由で、この作品の全編を今すぐ視聴できます。

ラム・ダイアリー(字幕版) ラム・ダイアリー(日本語吹替版) ラム・ダイアリー ラム・ダイアリー
ラム・ダイアリー(字幕版) ラム・ダイアリー(日本語吹替版) ラム・ダイアリー ラム・ダイアリー
2016年6月10日 2014年1月24日 2015年11月13日 2013年12月27日
¥300 ¥950 ¥500 ¥309
iTunes Google Play ビデオマーケット ニコニコ動画
※プレミアムコースの場合

他のユーザーは「ラム・ダイアリー」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi