11・25自決の日 三島由紀夫と若者たち
ホーム > 作品情報 > 映画「11・25自決の日 三島由紀夫と若者たち」
メニュー

11・25自決の日 三島由紀夫と若者たち

劇場公開日

解説

「実録・連合赤軍 あさま山荘への道程(みち)」「キャタピラー」の若松孝二監督が、1970年11月25日、防衛庁内での割腹自決へといたるまでの三島由紀夫と「楯の会」の若者たちの物語を映画化。学生運動全盛期の1968年、三島は文筆業の傍らで民族派の学生たちと「楯の会」を結成し、有事の際には自衛隊とともに決起するべく訓練にいそしんでいた。しかし、警察権力の前に自衛隊は出動の機会すらなく、楯の会の若者たちは苛立ちを募らせていく……。三島を演じるのは、本作のため芸名をARATAから本名に戻した井浦新。

作品データ

製作年 2011年
製作国 日本
配給 若松プロダクション、スコーレ
上映時間 119分
 

受賞歴

第65回 カンヌ国際映画祭(2012年)

出品
ある視点部門
出品作品 若松孝二

インタビュー:11・25自決の日 三島由紀夫と若者たち

三島由紀夫演じきった井浦新、自分探しの道中で思うこと
11・25自決の日 三島由紀夫と若者たちのインタビュー

若松孝二監督の最新作「11・25自決の日 三島由紀夫と若者たち」が、第65回カンヌ映画祭ある視点部門に正式出品され、このほど公式上映された。主人公・三島由紀夫を演じたのは、「キャタピラー」「実録・連合赤軍 あさま山荘への道程(みち)」...11・25自決の日 三島由紀夫と若者たちのインタビュー

関連ニュース:11・25自決の日 三島由紀夫と若者たち

11・25自決の日 三島由紀夫と若者たちの関連ニュース

映画評論:11・25自決の日 三島由紀夫と若者たち

三島の美学ではなく、純粋な学生たちの<義>に殉じた精神を描いた実録ドラマ
11・25自決の日 三島由紀夫と若者たちの映画評論・批評

かつて若松孝二は<性と暴力>を武器に数多のスキャンダラスな問題作を放ったが、「実録・連合赤軍 あさま山荘への道程」以後、明らかに大きく変貌を遂げた。現代史の闇を抉るような主題を好んで取りあげ、とくに若い世代に向けて、まるで楔(くさび)...11・25自決の日 三島由紀夫と若者たちの映画評論・批評

映画レビュー:11・25自決の日 三島由紀夫と若者たち

平均評価
3.0 3.0 50 (全6件)
  • 11・25自決の日 三島由紀夫と若者たちのすべての映画レビュー
  • 11・25自決の日 三島由紀夫と若者たちの映画レビューを書く

他のユーザーは「11・25自決の日 三島由紀夫と若者たち」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

採用情報