ものすごくうるさくて、ありえないほど近い
ホーム > 作品情報 > 映画「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」
メニュー

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い

劇場公開日

解説

2005年に発表され、「9・11文学の金字塔」と評されたジョナサン・サフラン・フォアによるベストセラー小説を、「リトル・ダンサー」「めぐりあう時間たち」のスティーブン・ダルドリー監督が映画化。9・11テロで最愛の父を亡くした少年オスカーは、クローゼットで1本の鍵を見つけ、父親が残したメッセージを探すためニューヨークの街へ飛び出していく。第2次世界大戦で運命の変わった祖父母、9・11で命を落とした父、そしてオスカーへと歴史の悲劇に見舞われた3世代の物語がつむがれ、最愛の者を失った人々の再生と希望を描き出していく。脚本は「フォレスト・ガンプ 一期一会」のエリック・ロス。オスカーの父親役にトム・ハンクス、母親役にサンドラ・ブロックらアカデミー賞俳優がそろう。

作品データ

原題 Extremely Loud and Incredibly Close
製作年 2011年
製作国 アメリカ
配給 ワーナー・ブラザース映画
上映時間 129分
映倫区分 G
オフィシャルサイト  

受賞歴

第84回 アカデミー賞(2012年)

ノミネート
作品賞  
助演男優賞 マックス・フォン・シドー

特集

至福の才能が奏でる、感動巨編 ~あの日父を失くした少年の、喪失と再生のものがたり~

ある日突然、愛する者を失った主人公の少年オスカーが、やがて悲しみから歩きだし、再び「生きる」ことを取り戻していく姿を描く「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」が、2月18日に公開される。スティーブン・ダルドリー監督、トム・ハンクス、サンドラ・ブロック──“オスカー級の才能”が奏でる奇跡のものがたりが、いま、私たちに希望を届ける。特集

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

遺された少年が「死」を受容するまでに必要な冒険
ものすごくうるさくて、ありえないほど近いの映画評論・批評

遺された者はどう生きるか。最悪の悲劇に立ちすくみ、それでも明日を生きていかねばならない者は、どう回復を遂げるのか。その切実なプロセスを、一人の少年の視点にただひたすら寄り添うことで、時代が求める物語に昇華させた、優しくスリリングな心の...ものすごくうるさくて、ありえないほど近いの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.8 3.8 (全129件)
  • 主人公の良さと、周りの優しさ 中盤から最後まで号泣しっぱなしで、こんなに心が揺さぶられたのは初めてかも。。本当に良い映画。 ...続きを読む

    ぱりん ぱりんさん  2017年12月4日  評価:5.0
    このレビューに共感した/0人
  • 温かい。 世界同時多発テロ9.9で父を亡くした少年の、心の再生の物語。父の部屋で見つけた鍵をきっかけに、少年は様々な人と関わることになる。 自分の臆病な心や、抜け殻のようになってしまった母に苛立ちをかかえ... ...続きを読む

    Pathfinder Pathfinderさん  2017年11月17日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • いやサンドラブロック!! 母最強説 ...続きを読む

    みなと みなとさん  2017年11月10日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

Amazonプライムビデオで関連作を見る

他のユーザーは「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi