ドゥニ・ビルヌーブ監督版「デューン 砂の惑星」をアカデミー賞脚本家エリック・ロスが執筆 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年4月7日 > ドゥニ・ビルヌーブ監督版「デューン 砂の惑星」をアカデミー賞脚本家エリック・ロスが執筆
メニュー

ドゥニ・ビルヌーブ監督版「デューン 砂の惑星」をアカデミー賞脚本家エリック・ロスが執筆

2017年4月7日 12:00

エリック・ロス「砂の惑星」

エリック・ロス
Photo by Steve Jennings/WireImage
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「ボーダーライン」「メッセージ」の俊英ドゥニ・ビルヌーブ監督がメガホンをとるリブート版「デューン 砂の惑星」の脚本執筆を、アカデミー賞脚本家のエリック・ロスが手掛けることが明らかになった。エンターテインメント・ウィークリー誌が報じている。

同作は、SF作家フランク・ハーバート氏の小説「デューン 砂の惑星」とそれに続くシリーズの映画化プロジェクトで、レジェンダリー・ピクチャーズが製作。原作のファンで、現在はSF映画の金字塔「ブレードランナー」の続編「ブレードランナー 2049」に着手しているビルヌーブ監督が手がけることが決定している。

原作シリーズは、デューンと呼ばれる砂に覆われた惑星アラキスを舞台に、抗老化作用を持つ香料メランジを巡る争いと権力闘争を描く壮大な叙事詩で、1984年にデビッド・リンチ監督が「砂の惑星」として映画化。また、それ以前には奇才アレハンドロ・ホドロフスキー監督が映画化に挑むも実現されなかったことで知られ、その顛末はドキュメンタリー「ホドロフスキーのDUNE」として2013年に発表されている。

リブート版の脚本家に選ばれたエリック・ロスは、「フォレスト・ガンプ 一期一会」でアカデミー賞脚色賞を受賞したベテランで、他にも「インサイダー」、「ミュンヘン」、「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」、「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」などを執筆している。

ビルヌーブ監督とエリック・ロスのコンビが「デューン 砂の惑星」をどのように料理するか注目だ。

(映画.com速報)
ホドロフスキーのDUNE Blu-ray[Blu-ray/ブルーレイ] ホドロフスキーのDUNE Blu-ray[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,947 本作は、“映画史上最も有名な実現しなかった映画”と言われ伝説となったホドロフスキー版『DUNE』の顛末と、ホドロフスキー、プロデューサーのミシェル・セドゥー、ギーガー、レフン監督等のインタビュー、膨大なデザイン画や絵コンテなどの資料で綴る、驚愕、爆笑、感涙のドキュメンタリー作品。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi