ウルトラマンサーガのレビュー・感想・評価

ウルトラマンサーガ

劇場公開日 2012年3月24日
8件を表示 映画レビューを書く

新しい形のウルトラ映画 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

ダイナ、コスモスなど世代なら嬉しいキャラにニューヒーローのゼロを交えた映画。
ストーリーは完全に勧善懲悪モノで子供に向けたものになっていた。

しかし今回の映画でフィーチャーされたのが人間の目線から見たウルトラマンや怪獣たち。
もちろんカメラワークもそうだが今回の映画でこれまでと決定的に違うのがタイガの幼少期の描写。
怪獣が街を襲い、その中で必死に両親の名前をを叫ぶタイガがとても印象的だった。
タッチは軽いがかなりヘビーな描写。
そのあとに「ウルトラマン早く来て!」と助けを求めるタイガの姿に思わず涙がこみ上げてきた。

いつかの映画で初代ウルトラマンが言っていた「私達は神ではない、救える命もあるがそうでない命もある」という言葉の重みがクローズアップされたシーンに思われた。
DAIGOをミスキャストと言う人も多いが自分としては適役だったと思う。

ウルトラマンに頼りたくない、トラウマになっている青年をうまく演じていたと思う。

と〜しゅん
と〜しゅんさん / 2015年7月27日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

何だかんだで面白い

DAIGOの演技もAKBの演技もちゃんとできてるし、ちょうど平成ウルトラマン世代なのでコスモスの登場は本当に嬉しかった。

ただ、やっぱりウルトラマンがペチャクチャしゃべると違和感が半端無い。
ゼロがそういうキャラなのは知っているけど、やっぱり違和感が無くならない。
また、コスモスは以前にジャスティスと合体してレジェンドになっていて、さらに別のウルトラマンと合体してサーガになるのは少し「んん?」となった。

でも、CGを除いてもアクションはしっかりしているし、無理矢理感が思ってたよりなかったし、結構楽しめた。

太郎
太郎さん / 2014年6月25日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

DAIGOもAKBもよかった

AKBもよく知らないし、ダイナもコスモスもそんなに観てなかったからと思ってスルーしていたが映画館で観ればよかったと後悔した。

調子こいてるけど実は震災で親を亡くしたトラウマをかかえているDAIGOさんがいい。『ザブングル』のメカみたいなのに乗っているAKB軍団のリーダーの秋元さんもよかった。大人も弱さを持っているけれどそれでも子供を守るんだというテーマを感じた。

ダイナはあんまり観たことないから愛着ないと思っていたけどAKB女の人が「君だけを守りたい」の弾き語りをするところで泣きそうになってしまった。

ウルトラマンゼロがバット星人に「なぜ人間の味方をするんだ?」と訊かれて「理由なんかない」というところがいい。大人が子供を守るのに理由なんかないという意味だと感じた。

ミニチュアのセットががっつり作ってあって感動した。とくに最初にダイナがビルの谷間を歩いてくるところがかっこよかった。久しぶりに特撮映画を観た!という気になった。サーガはあんまりウルトラマンっぽくないデザインだった。

タニー
タニーさん / 2013年7月6日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  楽しい
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

オヤジファンとしては

もともと、特撮にはドミノ倒しのような魅力があったと思います。

最近はメカや爆発もCG合成で、いくらでも修正が効くぶん、緊張感が画面から消えていっている気がします。

宿主とボケとツッコミを交わすウルトラマンにも違和感を禁じ得ませんし、そもそもウルトラマンにはあまり喋ってほしくはないのですが、もはや「ウルトラマン」の名を借りた別のヒーロー像を作らなければ、次の世代に繋げないというのもよくわかります。

懐古趣味でなく、親子で世代ごとに話し合える、いいシリーズを作っていってほしいです。

がらだま
がらだまさん / 2012年12月24日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  楽しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ウルトラマンが教えてくれる大切な事

お馴染みウルトラマンの新作。

ゼロ、コスモス、そしてダイナが時空を越えて結集、地球を支配するバット星人の野望を阻止する為戦う。

昔からゴジラやウルトラマンなど特撮が好き。
今のハリウッドの最新VFXは圧倒的に凄いが、ミニチュアや着ぐるみといった特撮技術にどうしても愛着がある。
何も恥じる事のない、日本の素晴らしきお家芸。

ストーリーは完全に子供向け。
分かり易い勧善懲悪。
でもその分、勇気や希望、守りたいもの、信じる心、諦めない力などをダイレクトに伝えてくれる。
またそれらはエンディング後のラストカットを含め、東日本大震災復興へのエールを感じた。

往年のファンへのサービスにもニヤリ。
初代マン、セブン、ジャック、エースらの特別出演。
アーストロン、グビラ、ゴメスといった馴染みのある怪獣の登場。
ラスボスはバット星人(東国原英夫が声とは気付かなかった!)とゼットン。
最初幼体で出現、“ハイパー”へと進化し、まるで完全体セルのようなパーフェクトな強さのゼットンは、ウルトラ怪獣最強の名に恥じない。

絶体絶命のピンチにゼロ、コスモス、ダイナが合体して“サーガ”に。
最強の怪獣に最強の戦士が立ち向かう。

何だかんだ言って、やっぱり童心に戻って楽しんだ。

そういえばAKBも出てたね。
まるで「マジすか学園」の続きのような演技はビミョ〜だったけど(DAIGOの演技もだけど)、秋元才加はなかなか美味しい役所。

近大
近大さん / 2012年9月22日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  楽しい 単純 興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

こんにちわ。ウルトラマンディーバです。

やっちまった。。。

非常に微妙な出来でした。

前作が非常に良い出来で、大人でも涙することもあっただけに非常に残念。

救いは子供達が満足してくれたことぐらい。

下記は微妙な部分

・DAIGOさんの棒読みセリフにウルトラマン的な熱血(ハート)を一切感じない。
 というか、わざととは言えない演技力の無さに萎える。。。
 もう少し無名な人ならば、きちんと演技を指導出来たであろうと思う。

・っで一体主役は誰なのか・・・という疑問の答えとしてはつるのさん?
 もう少しゼロを中心にした方がストーリー的にシンプルで良かったと思うが、
 見えない政治力のせいなのか?DAIGOさんの演技力がはんぱないせいなのか?
 映画制作当初に設定したコンセプトを一貫したのかさえ疑ってしまう。
 おそらくは制作中に2転3転でつぎはぎだらけなのでは?

・シリーズ映画に多く出場しているダイナは良いとしても
 今更コスモスが登場した意図が不明確。
 コスモス独特の「慈愛」が全くストーリーの的をえていない。
 単に「誰かの代りに」太陽くんにオファーしたらOKだったからなのか?

・CGの甘さ。
 ロボットアクションがコマ落ちしたかのように思えた。
 作りの甘さに萎えた。
 もしかしてわざとと言い張るおつもりか?

・映画全体的に暗いので3Dでみるにたえない。見るなら2D。

・もう少し怪獣出せよ。
 記憶にあるのは4体。。。
 きょうび年一回の映画で、同じのん2回も3回も出されると非常に萎える。
 特に慈愛攻撃で機嫌よう帰って行ったはずの怪獣が再び狂暴化して
 出てきたところは正直ドン引きした。慈愛の意味が全くないし。
 困ったらコニタン出せコニタン。

・AKBについてはノーコメント。ツンデレ好きor萌え好きな方はどうぞ。

無国籍映画マン
無国籍映画マンさん / 2012年4月8日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  萌える
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

最高

2Dをみました。最高に面白かったです。映画館でこんなに泣いたのは本当にはじめてです。3Dを今度の週末に見に行きます。
秋元才加が演じるアンナ隊長、かっこ良かったです!

みっくとん
みっくとんさん / 2012年3月28日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

誰かを守るということ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

本作は、とにかく「誰かを守る」というテーマが全面に押し出されています。
大人が子供達を守り、そして、ウルトラマンが人間達を守る。ウルトラマンが人間を守るのは大人が子供を守るのと同じ、ということも伝わってきていて愛に溢れた感動作です。さて、映画の技術面の話に移りましょう。まず、この作品の主人公はDAIGO演じるタイガで、こいつが作品の本筋を通してヒーローに変化していく物語です。主人公に変化には、しっかり2つの葛藤が段階的に仕込まれています。ひとつめの成長葛藤は地球防衛隊チームU、本作のキーマンである少年、主人公タイガ、3つの過去が重なるとても重厚な物になっています。ここまで上手く描く映画はそう多くないでしょう。
しかし、ふたつめの破滅葛藤がちょっと弱いと感じます。3人のヒーローが敗れ、戦えるウルトラマンがいなくなるという絶望的な状況にはなるのですがそこからの立ち直りが早すぎます。もう少し主人公の感情の吐露があるとよかったです。
それから音楽。サントラには場面活かすため、敢えて捨てた音楽あると書いてありましたが今回はラストバトルが終わるまで人間ドラマが平行して動いているので終盤はガンガンBGMを付けて感情を焚き付けてほしかったです。作品中に付いている音楽は最高でした。
人によりポイントは違えど3回泣けるというのがこの映画だそうですが僕は後半終始感動しっぱなしでそのうち2回が涙になりました。

ごめんさい
ごめんさいさん / 2012年3月25日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 笑える 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

8件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi