いのちの子ども
ホーム > 作品情報 > 映画「いのちの子ども」
メニュー

いのちの子ども

劇場公開日

解説

イスラエルとパレスチナの紛争を背景に、その対立の中で翻弄される小さな命をめぐるドキュメンタリー。余命を宣告されたアラブ人の赤ん坊が、封鎖されたパレスチナ自治区ガザ地区からイスラエルの病院に運びこまれる。イスラエル人医師ソメフはガザ地区の最前線で20年以上取材を続けるイスラエル人のTVジャーナリスト、エルダールとともに、民族や宗教の対立をこえ、赤ん坊を救うために立ち上がるが、行く手にはさまざまな困難が待ち受けていた……。

作品データ

原題 Precious Life
製作年 2010年
製作国 アメリカ・イスラエル合作
配給 スターサンズ
上映時間 90分
オフィシャルサイト  

映画レビュー

平均評価
3.3 3.3 (全1件)
  • 宗教と母性愛の矛盾がまざまざと 冒頭でパレスチナ人の少年が「ぼくたちはすでに死んでいるんだ。例え死んでも神のご意志だから怖くはない」と言うシーンがある。 それは、「息子を助けたいのは殉教者にするため」 という、母親から発せられ... ...続きを読む

    dandara dandaraさん  2015年6月23日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「いのちの子ども」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi