酔いがさめたら、うちに帰ろう。 : 関連ニュース

酔いがさめたら、うちに帰ろう。

劇場公開日 2010年12月4日

関連ニュース:酔いがさめたら、うちに帰ろう。

名匠・東陽一監督の特集上映が決定 1970~2000年代公開の6作品を上映(2016年8月7日)

今年で82歳を迎える名匠・東陽一監督の最新作「だれかの木琴」の公開を記念して、東京・有楽町スバル座で8月13~19日に「東陽一監督 特集上映」が行われることが決定した。上映されるのは、第46回ベルリン国際映画祭で銀熊賞に輝いた「絵の中のぼくの村」(1996)、現代社会の孤独を浮き彫りにした「日... 続きを読む

常盤貴子&池松壮亮、名匠・東陽一監督作で初タッグ!井上荒野「だれかの木琴」映画化(2016年2月21日)

名匠・東陽一監督が、直木賞作家・井上荒野氏の「だれかの木琴」を映画化することになり、常盤貴子と池松壮亮が初共演を果たしていることがわかった。東監督と初タッグとなる2人は、「あの!東陽一監督の映画に参加させて頂けるなんて。『ザ・レイプ』『もう頬杖はつかない』に憧れ、興奮していた女優を始めた頃の私... 続きを読む

永作博美、報知映画賞・主演女優賞に大粒の涙(2011年12月21日)

「第36回報知映画賞」の表彰式が12月21日、都内のホテルで開催され、主演男優賞を受賞した堺雅人、主演女優賞を受賞した永作博美ら受賞者が勢ぞろいした。「酔いがさめたら、うちに帰ろう。」「八日目の蝉」で初の主演女優賞を受賞した永作は、「八日目の蝉」で共演した子役・渡邉このみちゃんを前に「この子が... 続きを読む

障害者向け官能映画「エロバリ」シリーズ、目標は韓国進出?(2011年10月30日)

障害を抱える観客向けの官能映画を製作する「エロバリ(エロティック・バリアフリー)」シリーズの新作「姉妹狂艶」が10月29日、東京・ポレポレ東中野で封切られ、メガホンをとった東ヨーイチ(東陽一)監督、範田紗々、木下柚花が初日舞台挨拶に登壇した。「エロバリ」とは目や耳に障害をもつ観客や高齢者が、映... 続きを読む

浅野忠信、立て続けのダメ亭主役に「自分もその通りだった」(2010年10月12日)

人気漫画家の西原理恵子の元夫で、2007年に死去した戦場カメラマン・鴨志田穣さんの自伝的小説を映画化した「酔いがさめたら、うちに帰ろう。」の完成報告会見が10月12日、都内で行われ、東陽一監督、主演の浅野忠信と永作博美が出席した。戦場カメラマンとして活躍した鴨志田さんは、1996年に西原と結婚... 続きを読む

西原理恵子の元夫・鴨志田穣さんの自伝映画、予告編を独占入手(2010年8月20日)

人気漫画家・西原理恵子の元夫として知られる故・鴨志田穣さんの自伝を映画化する「酔いがさめたら、うちに帰ろう。」の予告編を独占入手した。戦場カメラマンとして活躍した鴨志田さんは、1996年に西原と結婚するも、アルコール依存症による暴力などが原因で2003年に離婚した。しかし、その後も西原の献身的... 続きを読む

6件を表示

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi