障害者向け官能映画「エロバリ」シリーズ、目標は韓国進出? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年10月30日 > 障害者向け官能映画「エロバリ」シリーズ、目標は韓国進出?
メニュー

障害者向け官能映画「エロバリ」シリーズ、目標は韓国進出?

2011年10月30日 14:13

「姉妹狂艶」初日挨拶に登壇した(左から) 木下柚花、範田紗々、東ヨーイチ(東陽一)監督「姉妹狂艶」

「姉妹狂艶」初日挨拶に登壇した(左から)
木下柚花、範田紗々、東ヨーイチ(東陽一)監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 障害を抱える観客向けの官能映画を製作する「エロバリ(エロティック・バリアフリー)」シリーズの新作「姉妹狂艶」が10月29日、東京・ポレポレ東中野で封切られ、メガホンをとった東ヨーイチ(東陽一)監督、範田紗々木下柚花が初日舞台挨拶に登壇した。

「エロバリ」とは目や耳に障害をもつ観客や高齢者が、映画館で官能映画を楽しめるよう、女性による情感豊かな副音声を加え、日本語字幕もわかりやすく表現する“バリアフリー仕様”の官能映画。この日の舞台挨拶では聴覚障害者のために、登壇者の発言がスクリーンに表示された。

東監督は「映画の副音声としては、かなり細かい作業をしている。うまく聞き取れないのはもちろん、『なんかうるさい』を思われるのもダメですから」と音響設定のこだわりを明かし、「今日は少し(音のレベルが)低かったかな。明日からもう少し上げます」と微調整に余念がない。健常者からも「より内容が理解できた」という声があるといい、「今後も続けていこうと思う」。近日中に、韓国で自身がメガホンをとった「酔いがさめたら、うちに帰ろう。」のバリアフリー版が上映されるといい、「エロバリの新作を韓国で作るって話もいいんじゃないか」と意欲を見せた。

姉・幹子(木下)に恋人を奪われた妹・葉子(範田)は、ある男と運命的な出会いを果たすが、そこにも姉の影が……。やがて美人姉妹とふたりの男の奇妙な四角関係が始まる。「紗々のほうが年上なのに、妹役ですみません」(範田)、「すごい女優さんなので、天狗だったらと不安だったが、とても話しやすかった」(木下)。東監督は、当初からふたりの起用を即決していたといい「かなりエロっぽい仕上がりで、『本当におれが撮ったの?』と思うほど。内容的にもこれで終われない結末なので、続編を作れれば」と示唆した。

姉妹狂艶」は11月4日までポレポレ東中野で上映。12月9日にDVD発売。

酔いがさめたら、うちに帰ろう。[DVD] 酔いがさめたら、うちに帰ろう。[DVD] 最安価格: ¥3,140 重度のアルコール依存症になった男と、彼を支え続ける家族との絆を描く。監督・東陽一
わたしのグランパ[DVD] わたしのグランパ[DVD] 最安価格: ¥4,335 東陽一監督による、筒井康隆の同名小説を映画化した作品。第27回モントリオール世界映画祭に出品、最優秀アジア映画賞を受賞

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi