西原理恵子の元夫・鴨志田穣さんの自伝映画、予告編を独占入手 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年8月20日 > 西原理恵子の元夫・鴨志田穣さんの自伝映画、予告編を独占入手
メニュー

西原理恵子の元夫・鴨志田穣さんの自伝映画、予告編を独占入手

2010年8月20日 16:07

浅野忠信&永作博美の実力派が共演「酔いがさめたら、うちに帰ろう。」

浅野忠信&永作博美の実力派が共演
(C)2010 シグロ/バップ/ビターズ・エンド
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 人気漫画家・西原理恵子の元夫として知られる故・鴨志田穣さんの自伝を映画化する「酔いがさめたら、うちに帰ろう。」の予告編を独占入手した。

戦場カメラマンとして活躍した鴨志田さんは、1996年に西原と結婚するも、アルコール依存症による暴力などが原因で2003年に離婚した。しかし、その後も西原の献身的な支えもあり06年に依存症を克服。その体験をもとに同年、自伝小説「酔いがさめたら、うちに帰ろう。」(スターツ出版刊)を発表した。

同作は、その自伝小説を東陽一監督が映画化。戦場カメラマンの主人公・塚原安行が、アルコール依存のために妻の人気漫画家・園田由紀と離婚。治療のためにアルコール病棟に入院した塚原は、病院で出会う人々や、見舞いにきてくれる元妻や子どもたちに支えられ、穏やかな日々を過ごすようになるが……。予告編でも、飲酒で吐血や暴力を繰り返す塚原が、病院でのさまざまな体験や出会いを通し、変化していく姿をとらえている。

鴨志田さんをモチーフとした主人公・塚原役を浅野忠信、西原にあたる漫画家・園田役を永作博美が演じる。また、劇中に登場するイラストを西原が提供。主題歌は故・忌野清志郎さんの「誇り高く生きよう」が起用されている。

酔いがさめたら、うちに帰ろう。」は今秋、シネスイッチ銀座、テアトル新宿ほかにて全国公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi