悪人のレビュー・感想・評価

メニュー

悪人

劇場公開日 2010年9月11日
134件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

せつない…

切なすぎて 何度も泣かされる…だが 考えて見ると ストーリーはそれほどよく出来ているわけではない。ただ、役者が脇役も含め 全て素晴らしい。

U-TA
U-TAさん / 2018年1月11日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

受賞で騒がれる前から見たかった作品。 深津絵里よりも妻夫木聡に最優...

受賞で騒がれる前から見たかった作品。

深津絵里よりも妻夫木聡に最優秀主演男優賞あげたいと思うほど。

出会い系で出会った女が殺される。

同じく出会い系で出会った女と逃亡生活する。

どんな出会いであれ、1つ1つの出会いを真剣に求めていた結果なのだろうか・・・。

殺人を犯した人を「悪人」というならば、その一言だけでは片づけられない。富士山のように、その人の一側面であって、たまたまその殺人者ということが山の良く見える部分を占めているだけなのかもしれない。

殺された女。
殺された女の父親。
殺される女と直前まで一緒にいた大学生。
大した楽しみのない服屋の店員。
薬の悪徳業者。

誰が悪人!?となったら、それぞれに悪い定義があってそれによって順番付けしていく。

でも。

相対的に悪人がいるのではなくて、みんな絶対的に悪人とも思えてくる。

最後にガラスが割れることで、現実が現実として、悪が悪として浮きだって印象的。

「ノーボーイズ・ノークライ」でもそうだけど、妻夫木聡は家庭環境が複雑で影のある役がすごくはまっている。うつろなような、焦点が合っていないような、それでいてたまにすごい眼力がある。そんな役は彼しかいない。

キッスィ
キッスィさん / 2017年6月30日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

役者さんはよいけど。。

何が言いたいのかがよくわかりませんでした。

悪人と言われる人は本当に悪人?というのがテーマだとすると。。

この映画では殺人を犯した妻夫木が「女に罵られて暴言吐かれたからカッとして殺した。」
も、罵った満島ひかりや蹴り捨てた岡田将生、もしくはマスコミの方が悪であるかのように書かれているように感じる。

満島ひかりも岡田将生も悪いが、妻夫木がもっとも悪い。どんなに追い詰められても人を殺して言い訳がない。

その上でどれだけ情状酌量の余地があるか、ということだと思うが、誰もが鬱屈した気分を持ったりするし、人付き合いで悩んだり、人を傷つけたりしたりがいたりするわけで。

犯罪というのは所謂線引きの話で、やったらアウト、手のがあるわけで、その手前はセーフ
セーフだけど傷つけたり酷いことはある、なんて日常感覚でわかり切ってること。
恋愛なんか振られて自殺なんてのもあるし。

「女に罵られて暴言吐かれたからカッとして殺した。」

アウトでしょ。同情の余地なんかない。
例えば冤罪着せられて、人生無茶苦茶になった後ならまだ同情の余地あるけど。

さらに言えば、岡田将生や満島ひかりにそういった裏側がまるで無いように描かれているように見える。

柄本明が「人のこと笑ってればいい」とか「大切な人はいる?」や「必死な人間を笑うな」などとテーマめいたなこと言うけど、それまで描いてきたことと矛盾して見える。

つまり、

『人付き合いが下手で「表面上」いわゆる上手く立ち回れない人間は必死にもがいてて鬱屈した何かを抱えており、なにか起こすと悪人とレッテル貼られるけど中身は悪人ではないかも?

そして人付き合いが上手で「表面上」いわゆる上手くやってる人間は必死にもがいたりしていなくて実は裏では悪人かも?』

という、「表面上」見えてる印象でレッテルを貼っているように見えて仕方ない。

(被害者遺族として相手の事情を推し量るなんて無理な話だけど、この映画ではそう言っているよに見える)

ということで、徹底してテーマらしきものに乗れませんでした。

良かった点は役者さんの演技は良かった。
特に満島ひかりさん!彼女の演技は見てて楽しくなるので好きです。
あと、樹木希林さんも楽しい、独特の演技がいい!

じぶ
じぶさん / 2017年6月1日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

悪人

愛とはなにか。悪人とはなにか。

誰が悪人なのか。彼は悪人なのか。

愛と悪人は紙一重なのかもしれない。私から見たら愛であっても、周りにとっては悪人なのかもしれない。

愛のために悪人になったのか。それとも。

失礼します。
失礼します。さん / 2017年5月13日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  泣ける
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

脳裏に浮かぶ大切な人のために、お父さんはやめたのだと思った

脳裏に浮かぶ大切な人のために、お父さんはやめたのだと思った

shumai3
shumai3さん / 2017年3月13日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

愛とは何か悪人は何か考えさされた。

愛とは何か悪人は何か考えさされた。

wadakana
wadakanaさん / 2017年2月28日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ラストよし ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

最後の数十分は素晴らしい。
妻夫木が深津を絞め殺そうとしている時などは、美しすぎる映像だった。
樹木希林の安定感。
妻夫木は、あともうちょっと、ソレっぽ感を出して欲しかったかな。
ていうのを描いてる自分が、柄本さんの「そうやって生きてろ」に合致しそうで…
普遍的な愛をテーマにした作品なので、コンセプトは好きでした。

てつ
てつさん / 2017年2月2日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

共感できる部分があまりなかった

良い映画だと思いますが個人的に共感できる部分が少なかったし、心の距離が近づく描写が唐突すぎて「うーん」と感じてしまいました。

樹木希林さんの存在感が素敵すぎました。

K
Kさん / 2017年1月15日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

善悪

3回目の鑑賞です。罪を犯さなくても悪な人間は多いです。人は弱い者。誰かにそばにいてもらいたくて、話しがしたくて、温もりを感じたくて。若いとき自由があるときはギリギリなとこまで無理をしていたなと懐かしんでしまいます。善人だったのか悪人だったのか、いつか懐かしむことができる日が来ます。
深津さんの透明感がよかった。

三日月
三日月さん / 2017年1月3日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

●誰が悪人か。

交わるハズのない糸が、ふいに交差する。
交差した糸がいたずらに絡まり合う。
終わりが見えてるから、余計にほどけなくなる。
なんともノーフューチャー。
被害者と加害者と、その家族と。それぞれの物語。その瞬間の悪人たち。
みんなキャラが立っていて、それでいてクドクない。引き込まれる。
ありゃあ本気で首絞めてるね。鬼気迫るわ。
最後の最後、きっと彼の唯一満たされていた瞬間を描いたのだろうけれど、おじさんにはちょっと蛇足感。

うり坊033
うり坊033さん / 2016年12月19日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  悲しい 知的
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

よくあるテーマ

「悪いことをしたからといって、悪い人とは限らない」的な話はよく取り扱われるテーマ。
他の題材でそういうメッセージにすればよかったんですが、あまりにど真ん中過ぎて・・・。

ジンクス
ジンクスさん / 2016年11月22日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

すべては一部 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

いろんな人が、いろんな状況を抱えて出てくるけど、みんな不器用な生き方なんですよね。普通はそんなもんじゃないですかね。
器用に生きることが良いことだとも思わないし、不器用な生き方が恥ずかしいと思わない。
みんな、求めるものは幸せなんでしょうね。

aoironomegane
aoironomeganeさん / 2016年10月23日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 悲しい 怖い
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

悪人とは・・

殺人者が悪人と限らない。人間は皆、悪人と善人の両面を持っている。殺人者で主人公の土木作業員に金髪の妻夫木聡。舞台は福岡から佐賀。原作は芥川賞作家の吉田修一の小説。2010年の邦画。

亮一君
亮一君さん / 2016年10月18日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

人間って

人間の弱さだったり、
人間の醜さだったり、
人間の残酷さだったり、
そういう人間の負の部分を見せつけられた…

みんなそれぞれ寂しくて、
みんなそれぞれ弱くて、
その寂しさや弱さを紛らわすために、
人肌を求めたり、人を見下したり。
人間って、弱い生き物なんだ…

なんて事を感じた映画。

愛してたんだよね。本当に。
きっと、そうよね。

gyasu0915
gyasu0915さん / 2016年9月25日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

見方によって印象の変わる作品 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

殺人を犯した男、それを庇う女、殺害された女、殺害された女を捨てた男、殺人を犯した男の祖母と母、殺害された女の両親、、
それぞれの心情が見事に描かれててよかったですね!
果たして本当の悪人は誰なのか?
これは見方によって色々意見が分かれるんじゃないですかね?
そこにこの作品の深さがあると思うんですよ
個人的には人はみんな簡単に悪人になるんだよって言うように感じた作品でしたね
まぁ単純な見方をすれば殺した男が悪いんですけどね…
でもそれだけで片付けるには勿体無い作品だと思いました

uk
ukさん / 2016年9月11日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  悲しい 難しい
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

誰が本当の悪人なのか

結局殺人を犯し、捕まった妻夫木聡よりも
他人を見下し罵倒した満島ひかりや、
自分の感情をコントロールできず、
他人にぶつける岡田将生のほうが、
わたし的には悪人でした。

いたくら
いたくらさん / 2016年8月28日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

人とは?

人間の本質や心の闇や…いろいろと描かれています。
とてもいろいろと考えさせられました。
言い過ぎかもですが、登場人物みんな不幸な人たちです。
見終えて、すっきりはしません。清々しくもありません。正直全く楽しくはありません。
でも、見ることを強くお勧めします。
その理由はご自分でお確かめください。

勧めておいてなんですが、僕は人間の本当の本質は美しいものだと信じています。だから心からの共感はしません。

へへ笑

怒り楽しみですね。

@crimson

@crimson_1216
@crimson_1216さん / 2016年8月10日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

苦しくて切なくて涙が止まらない ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

誰しもが持っている弱さ

人に流されたり
見栄をはったり
ずるかったり

表現できず
冒険できず
愛がわからず

そんな弱さが引き起こした事件

奇しくも人を殺してしまった後に愛を知り、温かみを帯びていく主人公

長くは続かない幸せがとても切ない

愛する人を守るため、全てを自分だけの罪にするために、首をしめるフリはとても胸が締め付けられるように苦しいシーンだった

本当に切ない映画
なにが悪いのかわからなくなる

こんなに苦しくて悲しい映画だが、とても心に残った
素晴らしい
感動しました

おむらいす
おむらいすさん / 2016年7月19日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

これは秀作です。が、若者にすすめていいか、悩みます。暗い。 この映...

これは秀作です。が、若者にすすめていいか、悩みます。暗い。
この映画、悲しくも不幸な登場人物ばかりです。それしか出て来ないと言っても過言ではありません。当事者だけでなく周囲の人たちも。世の中、現実ってこうだよなと思うと夢も希望も失いかねません。
でもやっぱり秀作なんです。演技陣も素晴らしい。個人的にはやはり満島ひかり。樹木希林はうちの老いた母と重なり、涙。ただし私は殺人は犯してませんよ(笑)
ラストシーンは愛だと信じつつ。

さあ、次、早く楽しい作品を見なくては。でないと当分落ち込みそうです。

はむひろみ
はむひろみさん / 2016年7月17日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

人の本質

原作を読んでから映画を観た

重松清の「疾走」と少し似てるなと思っな

私はすごく祐一が愛おしいと思いました
ただ誰かに出会いたくて、ただ誰かを愛したくて

セックスをしたい、本当に誰かと出会いたい、
出会い系サイトを利用する様々な目的が存在すると思いますが、その一線って大きなものだと思うんです

母親の胎内から生まれ出た途端、「寂しい」という感情が発生するんだそうです

だから、人が誰かを求めるという事は多分本能で、
誰しもが抱く感情だと思います

だから祐一がかわいく思え、愛おしかったです

でももっと早く出会っていたら、事件を起こす前に出会っていたら、二人は本当に幸せになれたんだと思う

観終わった後、虚しくて、切なくて、落ち込んだ
また観るのには結構な気力が必要だと思う
いい映画、好きだなあ

かす
かすさん / 2016年7月10日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

134件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi