トニー・マネロ
ホーム > 作品情報 > 映画「トニー・マネロ」
メニュー

トニー・マネロ

解説

2008年最優秀チリ映画賞受賞。1978年、チリの首都サンチアゴではピノチェト軍事政権の独裁で、反政府派の市民が駆逐されていた。ラウルは「サタデーナイトフィーバー」でジョン・トラボルタ演じるトニー・マネロに異常なまでの憧れを抱き、仲間とバーのショーで踊る中年男。社会や人間関係に背を向け、自分のアイドルに病的に傾倒してゆくラウルの姿を通じ、チリの暗黒時代の絶望とアイデンティティの喪失を描く。08年・第5回スペイン・ラテンアメリカ映画祭、13年・第10回ラテンビート映画祭で上映。

スタッフ

監督

キャスト

作品データ

原題 Tony Manero
製作年 2008年
製作国 チリ、ブラジル
上映時間 98分
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi