ルー・リード ベルリン
ホーム > 作品情報 > 映画「ルー・リード ベルリン」
メニュー

ルー・リード ベルリン

劇場公開日

解説

「潜水服は蝶の夢を見る」のジュリアン・シュナーベルがステージセットを担当し、監督したルー・リードのコンサート・フィルム。2006年の真冬のニューヨーク、33年の月日を経て、5日間に渡り元ヴェルヴェット・アンダーグラウンドのルー・リードは、アルバム「ベルリン」の全曲ライブ・パフォーマンスを敢行した。バイセクシャル・ドラッグ・暴力をテーマにした「ベルリン」は商業的には失敗したが、現在では70年代ロックを代表する作品。コンサート映像の撮影は、ミシェル・ゴンドリー作品でも知られる女性撮影監督エレン・クラス。

キャスト

作品データ

原題 Lou Reed's Berlin
製作年 2007年
製作国 アメリカ
配給 バップ、ロングライド
上映時間 85分
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

他のユーザーは「ルー・リード ベルリン」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi