スター・ウォーズ クローン・ウォーズのレビュー・感想・評価

スター・ウォーズ クローン・ウォーズ

劇場公開日 2008年8月23日
14件を表示 映画レビューを書く

映画として面白くはない

テレビ版の方が面白い話はいくらでもある。
なんでこれを映画にしたのか謎

シネマんディアス泉本
シネマんディアス泉本さん / 2015年12月13日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  楽しい 寝られる
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

Sky guy(スカピョン)と呼ばれるアナキン。 意外と面白いアニメーション・スターウォーズ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

エピソードでいうと2と3の間に起こっていたクローン・ウォーズを深く掘り下げるアニメーション。一応観ておくか~ぐらいの気持ちで見始めたんですが、これが意外に面白かったです。

サクサクと進む場面展開、スピーディーなライトセイバーでの死闘とアクション重視だったら見所満載です。

アナキンのパダワンになるアソーカ・タノがいいキャラしてます。アナキンとのやり取りが絶妙です。その他にもオビ=ワン、ヨーダはもちろんの事、パドメまで出てきてしっかり活躍しているのは嬉しかったです。

この劇場版が第一話で思いっきり続きます。この先はTVシリーズで続いていたようですが、続きも楽しみになる第一作でした。きっと最後のシーズン・ファイブまで観たらジェダイ・マスターになれるハズ(笑)

アキ爺
アキ爺さん / 2015年12月8日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

アソーカ・タノ

実写とは違いますがファンとしては、こういう形でもSWが観られるというのは嬉しいですね。

SWは吹替えで観ることが多いのですが声優さんも同じで安心しました。

残念だったのはBGMがオリジナルとは全く違う事。
恐らく権利の問題とかなのかな?
最近始まった反乱者たちでは、その辺りは問題なく良かったですね。

キャラクターデザインもゲームなどでは実写に近い描写も実現しているので、このデザインは少し受け入れがたいところもありましたがアメリカぽいなと思います。
見慣れればどうという事はないですね。

物語としてはアソーカの存在が大きいでしょう。
初めて観た時はアナキンに弟子がいた事に驚きました。

ここからテレビシリーズにつながっていくわけですが、その話もまた面白かった。

もうすぐエピソード7ですね。
早く観たい!!

ガブ
ガブさん / 2015年12月6日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD、CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

本作以上のデキ???

スターウォーズを知るのに大変参考になる作品だと思います。
ただストーリーを展開していくだけではなく、
重要なポイント、キャラクターをタイミングよく
登場させているトコロは抜群です。

belfry
belfryさん / 2009年9月16日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

やっぱり実写かな、、、

シリーズで見ているので、
良かろうが悪かろうが見る、というスタンスで見ました。

それなりに楽しめました。

が、
やっぱり実写の方が好きです。

なんでアニメで作ったんでしょうね。

ちょっと物足りない感じがしました。

makoto
makotoさん / 2008年10月16日 / から投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  楽しい
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

「SW」であって、「SW」でない?

DVDや各種グッズをついつい購入してしまう「スター・ウォーズ」ファンとしては、映画シリーズで描かれなかったエピソードを補足する、このアニメシリーズの存在は単純に嬉しい。例えば、無鉄砲で鼻っ柱の強いアナキンが、強制的に押し付けられたパダワンのアソーカとの交流を通して成長していく様は、観ていて微笑ましいし、旧3部作におけるルーク・スカイウォーカーとオビ=ワン・ケノービの関係を想起させて楽しい。

 でも、作品自体はそこそこ楽しかったのだけれども、その一方で「これはSWであって、SWでないなぁ」と思ったのも事実。例えば、版権の関係なのか、ジョン・ウィリアムズの「SW」のテーマ曲は微妙にアレンジされ別バージョンになっているし、「SW」シリーズでお約束の、オープニングロールでのストーリーの説明がないから、違和感を感じてしまった。

 まあでも、「SW」の世界観が好きな人なら楽しめるでしょう。なお、1点だけ不安なのは、この後のシリーズを日本で観ることができるのだろうか?という点。おそらく劇場公開はもうないだろうし、噂によると、「SW」TVシリーズ放映の権利をどこも買ってないらしいので。。ファンとしては、やっぱり続きが気になって仕方がない(笑)。

ダース平太
ダース平太さん / 2008年9月22日 / から投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  笑える 楽しい 単純
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

これはこれで良い。

エピソード4で一瞬だけ語られた『クローン戦争』がついに映像化。
しかも実写ではなく、アニメーションで。
当初は違和感無く見られるか不安ではあったが、始まってみればまったく違和感無く観る事ができた。
冒頭から手に汗握る展開で、アナキンとオビ=ワンの活躍をこれでもか!と観られることができるのは実写版とは違った味わいで個人的には嬉しい誤算。
そして、本作では「ダークサイド」の「ダ」の字も出ない迷いの無いアナキンを観られる貴重な作品だったと思う。
ライトセーバーバトル、ジェダイとシス卿の戦いとファンのツボに応える映像も多数あり興行以上に僕は高評価です。
もちろん、一見さんお断りな雰囲気があるゆえに万人には薦められないが、実写版SWをすべて観た人には薦めることができると思う。
続きはテレビのようだが、間違いなくDVDセットは買っちゃうな~。

マロピ
マロピさん / 2008年9月9日 / から投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

早く続きがみたいー

はやく続きが見たいです

www.cartoonnetwork.com/clonewars/

早くも続編登場!!

jedi
jediさん / 2008年9月6日 / から投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

アニメでよかったのかも

この映画でアナキンは完全に頼れるジェダイ騎士ですね。
危険因子としてのアナキンはすっかり影を潜めています。

新三部作のようなものをイメージして観ると「アレ?」と少々面食らうかもしれません。
心の葛藤みたいなのも特に無く、ひたすらアクションしてます。
『スター・ウォーズ サーガ』の1ページであれど『ベイダー誕生記』では特に語る必要のない物語。
そーいった意味じゃ実写でなくアニメにしたのは正解だったのかな。

いや、でも面白かったですよ。
アナキンとパダワンのアソーカ・タノ、これからこの戦争の中でどうなっていくのか気になるところです。

chomoge
chomogeさん / 2008年9月1日 / から投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

残念です・・・。

ストーリーはスターウォーズの基本的な流れ。

アニメーションがもっと緻密で高品質ならスターウォーズファンの期待する迫力や臨場感があったはず。かなり制作費をかけた筈なのに全体的にフラット。映画のスクリーンで観ればこそ「うん、楽しかったね。」と言えますが、DVDだったら他のテレビ番組のSFアニメと変わらないと思う。

ジョージ・ルーカスはドリーム・ワークスにでも依頼すればよかったのに。それなりに楽しめたけどもったいないです。

Bjork
Bjorkさん / 2008年8月26日 / から投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

SWファンには必見

映像は,さすがに見事なクオリティ。

スピーディーなカメラワークによる
興奮に満ちた戦闘シーンの数々が素晴らしい!

中でも,僧院突入のバトルがスゴい。

エアーズロックみたいな一枚岩の頂上目指して,
崖斜面で展開されるバトルに鳥肌!

もっと長くして,
ここをクライマックスに持ってきてほしかった。

見た目濃いキャラの顔以外の映像は満足。
でも,ドラマは消化不良。

ドゥークーの謀略が浅過ぎ。

あまりにも単純で拍子抜け。

今作は,1話22分,全100話構成となる
TVアニメシリーズの第一話にあたるそう。

この先の99話はもっと中身も詰めて下さい!

AKIRA
AKIRAさん / 2008年8月26日 / から投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  単純 興奮
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

壮大なTVシリーズの序章

この映画は、来年から始まる予定のCGアニメTVシリーズのキックオフ上映=「序章」として劇場公開されるもので、2003年TV放映された2Dアニメの傑作”Clone Wars”の流れを汲むものです。ルーカスの話によると来年の放送は22分の放送で100エピソードあるそうで、ファンとしては本当に楽しみです。

さて、劇場公開された本作ですが、私のようなダイ・ハードなSWファンにとっては非常に満足のいく出来でした。レビューで酷評され、IMDbでも10点満点中5点という低得点を独走中。劇場もすかすかのこの作品。決して、万人受けするものではなく、これまでの劇場実写エピソードI~VIまでの6作品を期待して見に行こうとしている方は行くの止めたほうが良い、と断言します。少なくともTV放映された2Dアニメの"Clone Wars"を見たことのあるファンにしか受け入れられないでしょう。そういう意味では、スピード・レーサー同様、賛否両論となるであろう本作品。TVシリーズのプロローグ的作品ですから、一般の方には1800円の価値はないといえます。気をつけてください。

前置きはこのくらいにして、あらすじは「Episode IIとIIIの間のクローン戦争の最中、アナキン・スカイウォーカーはオビ・ワンの差し金で若きパダワン(弟子)を迎えることになる。このパダワンが数年前のアナキンに輪をかけた無鉄砲なおてんば娘であった・・・。」というところから始まります。とにかく、このパダワンとアナキンのやり取りが微笑ましかったです。登場人物のルックスが2DアニメのClone Warsと同様、見始めはかなり違和感がありますが、すぐに慣れます。声はC-3POとメイス・ウィンドゥ以外は実写版と違うのですが、これもすぐに慣れます。

この作品はファンは本当に必見で、旧3部作のとってもマイナーなB-ウィング・ファイターの原型のような宇宙船が今回のメインマシンだったり、あの〇。〇の息子や親戚が出てきたり、ファン垂涎のバウンティハンターやドロイドが登場してきます。とにかく、これからのTV放送が本当に楽しみです。個人的にはファルコンが出てきてほしいところですが・・・。ちなみにスコアは、私がスターウォーズファンであるからの点数であって、映画としてはB-くらいの作品ですのであしからず。

dobuboba
dobubobaさん / 2008年8月17日 / から投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  幸せ
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 3 件)

題名がよくわからん? ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

先行上映一番で見てきました。クローンウォーズの題名とストーリーがいまひとつはっきりしてなく、どちらかというとクローンウォーズ エピソード1 「ジャバの息子の誘拐」って題の方が合ってます。ジャバの息子(赤ちゃん)のユーモラスな鳴き声のかわいらしさととサミュエルLジャクソン本人が声優をやってるのが驚きでした。1話完結のストーリーとして見ればSWマニアの私としてはまあまあの出来。多分そんなにSWファンじゃない人が見たらつまんないかもしれない。ⅢやⅠの感動は無かったです。新しい世界がずっと続く楽しさと映画に比べて出来が10分の1の寂しさと複雑な気分です。

としぱぱ
としぱぱさん / 2008年8月16日 / から投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  笑える 楽しい 幸せ
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

激しい戦闘シーンはいいとして、実写版の心理面での深みを求めてきたファン層にとって、薄っぺらい作品に見られてしまうでしょう。

 ボディチェックのため遅々として入れれず長蛇の列が並ぶところを我慢して行ってきました。
 シリーズお決まりの『遠い昔、はるかかなたの銀河系で・・・』のオープンニングシーンは歓声と拍手が。小地蔵もこれだけでクグッと感激しました。
 そしてさすがクローンウォーズとうたっているだけに、のっけから激しい戦闘シーン。さすがに人物を見ると3Dアニメに見えますが、戦闘シーン特に宇宙戦では実写シリーズとさほど変わらない映像でした。この辺は3Dアニメの描写技術の進歩を感じましたね。
 とにかく雲霞のごとく押し寄せる分離派のドゥークー伯爵の軍隊に対し、共和国のクローン部隊は押されつつも、ケノービやアナキンジェダイの騎士たちの活躍によって反撃していきます。3Dアニメのいいところはジェダイの騎士たちの戦い方が、よりスピード感を増して描かれていることです。実写版では充分描けなかった空中バトルも迫力ありましたよ。
 新キャラのアソーカは、気の強さでいい味だしていました。生意気なんだけれど、やることもきっちりこないタイプ。気むずかしくて孤高なアナキンでも思わず頼りにしてしまう相棒役にすっかりなっていました。
 ということで、スターウォーズに迫力あるバトルシーンを求めているファンにとっては大満足な作品です。
 その反面、シリーズの2から3にかけてアナキンのダークサイドへの心理の変化や姫との恋などはほとんど触れられず、実写版の心理面での深みを求めてきたファン層にとって、薄っぺらい作品に見られてしまうでしょう。
 フォースの光と闇の力にもあまり触れられず、ヨーダの登場シーンも少なめ。フォースあってこそのスターウォーズという向きには、失望するかもしれません。
 それでもシリーズを通しで見た北ファンにとって2から3に大きく空いたクローン戦争のエピソードの穴を埋めるのに充分な話でありました。
 まだまだ3の冒頭のような決着はついておらず、充分続編が作られる要素を残しており、今後が楽しみです。

流山の小地蔵
流山の小地蔵さん / 2008年7月11日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

14件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi