第9地区
ホーム > 作品情報 > 映画「第9地区」
メニュー

第9地区

劇場公開日

解説

南アフリカ出身の新鋭ニール・ブロムカンプ監督が、05年製作の自作短編「Alive in Joburg」を長編として作り直したSFアクションドラマ。1982年、南アフリカ上空に突如UFOが飛来。政府は不気味な容姿をした異星人を難民として受け入れるが、やがて彼らの特別居住区「第9地区」はスラムと化す。2010年、難民のさらなる人口増加を懸念した超国家機関MNUは難民を「第10地区」に移動させる計画を立てる。製作は「ロード・オブ・ザ・リング」のピーター・ジャクソン。

作品データ

原題 District 9
製作年 2009年
製作国 アメリカ
配給 ワーナー・ブラザース映画、ギャガ
上映時間 111分
映倫区分 PG12
オフィシャルサイト  

特集

【特別対談】芝山幹郎×滝本誠 その3
特集

芝山:この映画の最後は、続編をほのめかして終わっていますね。で、一応作るのが既定路線であるかのように言われているけど、どうでしょうか。僕は、あれだけ余韻の残る作品だったら、むしろ作らないで、あのまま完結させて終わらせてもいいように思う...特集

インタビュー

無名の新人から躍進のシャルト・コプリーが見た「第9地区」
インタビュー

「第9地区」とは、南アフリカ共和国ヨハネスブルグにあるエイリアンの難民キャンプの呼称。ある日突然、無数のエイリアンたちは、征服者としてではなく難民としてやってきた。言葉も通じず、不潔なエイリアンたちを住民たちは差別し、超国家機関MNU...インタビュー

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

SFを触媒に社会問題を照射しつつ、娯楽精神に満ちた大活劇へ昇華する
第9地区の映画評論・批評

語り口も視覚的にも極めて斬新。疑似ニュース映像で引き込み、果ては壮大なアクションを堪能させる。実験的手法と大衆性を同居させた新鋭ニール・ブロムカンプの手によって、ありふれたモチーフや話法が生彩を放ち始めるのだ。巨大UFOがヨハネスブル...第9地区の映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.6 3.6 (全113件)
  • ブロムガンプは“先見性”を扱うのが上手すぎる! 本物の”先見性”がギュッと詰まった傑作だった。「エイリアンもの」ジャンルの中の”まだ発掘されずな未開”を、問題提起(移民問題など)で切り開くとか、まずアイデア勝利すぎる。加えて頭と心のどちらも興... ...続きを読む

    平田 一 平田 一さん  2017年5月3日  評価:5.0
    このレビューに共感した/1
  • SF映画界に風穴 初めて、劇場に5回も足を運びました。話題の作品だったので期待はしていましたが、ここまでとは。2009年当時停滞気味だったSF映画界に新たな命を吹き込んだ名作だと思っています。 エイリアンという部... ...続きを読む

    RWB 993 RWB 993さん  2017年5月2日  評価:5.0
    このレビューに共感した/0人
  • B級映画 内容が微妙すぎる ...続きを読む

    マリモ マリモさん  2017年3月9日  評価:1.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

動画配信検索

以下のサービス経由で、この作品の全編を今すぐ視聴できます。

第9地区 第9地区 第9地区 第9地区
第9地区 第9地区 第9地区 第9地区
2013年11月26日 2017年2月22日 2016年5月1日 2015年9月11日
¥100 ¥100 ¥300 ¥324
Amazonビデオ iTunes dTV ビデオマーケット
ポイント制

他のユーザーは「第9地区」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi