イベリア 魂のフラメンコ
ホーム > 作品情報 > 映画「イベリア 魂のフラメンコ」
メニュー

イベリア 魂のフラメンコ

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

画像1

解説

「カルメン」「恋は魔術師」など数々のダンス映画を手がけたスペイン映画界の巨匠、カルロス・サウラが、スペインを代表する作曲家イサーク・アルベニスのピアノ曲『イベリア』からインスパイアされて制作したドキュメンタリー。全18曲の音楽が流れる中、舞踏家、歌手、ギタリストたちの競演が繰り広げられる。出演はサラ・バラス、アントニオ・カナーレス、ホセ・アントニオ、アイーダ・ゴメス。

ストーリー

スペインの作曲家でピアニスト、イサーク・アルベニスの組曲からイメージを得て、カメラは演技者の一人になりきって一緒に準備をし、リハーサルを行い、少しずつ演技を生み出す。語るべきストーリーはすでに音楽の中に内包されており、演技者はそれに寄り添う音楽家とダンサーだけだ。そして、カメラは音楽に合わせて踊る。サラ・バラス、アントニオ・カナーレス、ホセ・アントニオ、アイーダ・ゴメス、パトリック・デ・バナといった第一級の舞踊家と振付家が集まった。演奏家は、世界的卓越のギタリスト、マノロ・サンルーカル、ヘラルド・ヌニェス、ホセ・アントニオ・ロドリゲス、ピアニストのロサ・トーレス=パルド、チャノ・ドミンゲス、フラメンコとジャズのスター奏者、ホルヘ・パルド、現代最高の“カンタオール(男性フラメンコ歌手)”であるエンリケ・モレンテと、娘のエストレージャ・モレンテ。また、映画としては初めてライブのビデオ・プロジェクションとクリエイティブな照明と撮影を調和させており、劇的な効果を与えている。...

スタッフ

監督
脚本
カルロス・サウラ
プロデューサー
アルバロ・ロンゴリア
共同プロデューサー
バンサン・マラバル
撮影監督
ホセ・ルイス・ロペス=リナレス
プロダクション・デザイナー
カルロス・サウラ
音楽
ロケ・バニョス
編集
フーリア・ハニス
衣裳
ソニア・グランデ
メークアップ・アーティスト
グレゴリオ・ロス
ライン・プロデューサー
ヨーサフ・ボカリ
助監督
サウラ・メドラーノ
振付
ホセ・アントニオ
日本語字幕
林かんな
字幕監修
志風恭子

作品データ

原題 Iberia
製作年 2005年
製作国 スペイン
配給 コムストック オーガニゼーション
上映時間 95分

提供:株式会社キネマ旬報社

他のユーザーは「イベリア 魂のフラメンコ」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi