ぼくは怖くない
ホーム > 作品情報 > 映画「ぼくは怖くない」
メニュー

ぼくは怖くない

劇場公開日

解説

イタリアの小さな村を舞台に、一人の少年が大人たちのある秘密を知り、葛藤しながらも勇気を持って一歩を踏み出していく姿をノスタルジックな映像で綴った成長物語。原作は、本作で脚本も手掛けているニコロ・アンマニーティがイタリアの文学賞を受賞した同名ベストセラー小説。監督は「エーゲ海の天使」のガブリエレ・サルヴァトレス。

ストーリー

1978年の夏休み、南イタリアは記録的な暑さに見舞われていた。たった5軒の家からなる貧しく小さな村。大人たちが家の中で暑さを避けている一方、村の6人の子供たちは自転車に乗って人影のない灼熱の田舎道を遠くまで駆けていく。両親と妹と暮らす10歳のミケーレ(ジョゼッペ・クリスティアーノ)はある日、廃屋の裏に不自然にふさがれた穴を偶然見つける。中を覗くと、なんと鎖につながれた男の子(マッティーア・ディ・ピエッロ)が横たわっていた。この発見は幼いミケーレにとってあまりに恐ろしく、友達はおろか両親にも言えずにいた。「あの子は死んでしまっているのだろうか、もしくは自分の身を守るために潜んでいるのだろうか…」。眠れない夜を過ごしたミケーレは、恐怖と好奇心が入り混じった気持ちを抱えて穴に戻り、中にいる少年フィリッポに勇気を出して話しかけた。自分は死んでいると思い込んでおり最初は意味不明な言葉ばかりをしゃべっていたフィリッポだが、やがて心を開きはじめ、ミケーレと同じ10歳の小学生だということがわかる。その痩せ細った姿に同情し、水や食物を差し入れするミケーレを、フィリッポは「守護天使」と呼ぶ。彼にとってミケーレは、外の世界には太陽と新鮮な空気があり、まだ人生は続いていると教えにきてくれる大切な友達になった。同じ頃、ミケーレの大好きなパパが出稼ぎから帰ってきた。一家団欒の幸せな時も束の間、ミケーレの周りに異変が訪れ始めた。突然家にやってきたブラジル帰りの粗野な男セルジオ、村の“ワル”フェリーチェなど大人たちが家に集まり、言い争いをしている。その様子を盗み聞くことで、あの穴の中の男の子と関係のある恐ろしい “何か”に気付き始めるミケーレ。大切な家族が、何か「とんでもないこと」に関わっているかもしれないという考えは、なかなかミケーレには受け入れられない。しかしフィリッポを助けるために、“精一杯の想像力”を膨らませてこの現実と向き合わなければならなかった。...

作品データ

原題 Io non ho paura
製作年 2003年
製作国 イタリア
配給 アルバトロス・フィルム
上映時間 109分

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
4.1 4.1 (全2件)
  • 2度観ましたがかなり良い。 中々日本には無いストーリー。 荒んだ大人、純水な子供。とてもストーリーとイタリアの田舎町がマッチしている。 主人公と誘拐された少年の友情の距離が絶妙でした。マッチのくじ引きも中々コネタで良く考え... ...続きを読む

    エイジ エイジさん  2014年11月27日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 90点  閉じ込められた子供をみつけた子供。 (2012/11/14) 純粋なこども心・・大人の事情。 二人の置かれたまったく違う立場、 徐々にハラハラ・ドキドキが高まっていく! 怖かったー(+_+) 妹だけに見える犬とはなんなんだろう。ホ... ...続きを読む

    2013年2月28日  評価:4.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「ぼくは怖くない」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi