ベルナルド・ベルトルッチ監督次回作は3Dに : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年5月9日 > ベルナルド・ベルトルッチ監督次回作は3Dに
メニュー

ベルナルド・ベルトルッチ監督次回作は3Dに

2011年5月9日 11:43

次回作は3Dで撮影「ぼくは怖くない」

次回作は3Dで撮影
写真:Rex Features/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] イタリアの巨匠ベルナルド・ベルトルッチ監督の次回作が、3Dで撮影されることがわかった。

同作は、2003年のイタリア映画「ぼくは怖くない」の原作者・脚本家として知られる伊作家ニコロ・アンマニーティの小説「Io e Te(英題:Me And You)」の映画化。スキー旅行に行くと両親に偽り地下室に潜んだ14歳の少年が、ヘロイン中毒に苦しむ義理の姉の存在を知ることになるというストーリー。

脚本を、ベルトルッチ監督と、「ぼくの瞳の光」の脚本家ウンベルト・コンタレッロが共同で手がけた。今年9月にローマでのクランクインを目指している。なお同監督にとっては、03年の「ドリーマーズ」以来の監督作となる。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi