酔っぱらった馬の時間
ホーム > 作品情報 > 映画「酔っぱらった馬の時間」
メニュー

酔っぱらった馬の時間

劇場公開日

解説

国家を持たない世界最大の少数民族であるクルド人監督が描く、感動の家族ドラマ。監督は、これがデビュー作となるバフマン・ゴバディ。2000年度カンヌ国際映画祭で大絶賛された。

ストーリー

イラン=イラク国境のクルド人の村。孤児になった5人兄弟の1人で、不治の病に侵されたマディの手術代を稼ぐため、弟のアヨブはイラクへの密輸行に加わる。それは、凍えた馬に酒を飲ませる厳冬の山越えだった。酔っぱらった馬に密輸品を載せ、武装した国境警備隊と無数の地雷が待つ決死の道行。たとえ手術が成功しても短い命と知ってはいても、兄弟たちはマディを思いやり、手術代のために姉は嫁入りし、弟は危険なキャラバンに加わるのだった。...

作品データ

原題 Zamani Baraye Masti Asbha
製作年 2000年
製作国 イラン
配給 オフィスサンマルサン
上映時間 80分

提供:株式会社キネマ旬報社

受賞歴

第53回 カンヌ国際映画祭(2000年)

受賞
カメラドール
カメラドール バフマン・ゴバディ

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
4.1 4.1 (全1件)
  • 圧倒的に美しく、圧倒的に冷酷なクルディスタン バフマン・ゴバディ自身のアイデンティティであり、世界最大の難民として知られるクルド人の実情を時に温かく、時に冷酷にありのままに描いた作品。 この作品はドキュメンタリーでもある。 手持ちカメラによ... ...続きを読む

    elle,f elle,fさん  2012年4月23日  評価:4.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi