ハートブレイカー(2001)
ホーム > 作品情報 > 映画「ハートブレイカー(2001)」
メニュー

ハートブレイカー(2001)

劇場公開日

解説

結婚詐欺師の母娘コンビが、ゴージャスでキュートなお色気たっぷりに、恋の駆け引きと華麗な詐欺を演じるラブコメディ。監督は「ロミーとミッシェルの場合」のディビィッド・マーキン。脚本は「ライアー&ライアー」のポール・ガイ&スティーブン・マザールの共作。出演は「エイリアン」のシガニー・ウィバー、「ラストサマー」のジェニファー・ラヴ・ヒューイット、「フレンチ・コネクション」のジーン・ハックマンほか。

ストーリー

アメリカ。結婚詐欺師のマックス(シガニー・ウィバー)の相棒は娘のペイジ(ジェニファー・ラヴ・ヒューイット)。ディーン(レイ・リオッタ)と結婚したマックスは、彼から17時間の結婚生活で30万ドルの慰謝料を奪う。次に彼女が狙った老人テンジー(ジーン・ハックマン)はプロポーズ直前に急死。ペイジは、売れば300万ドルの店を持つバーテンのジャック(ジェイソン・リー)に出会い本気で惹かれていく。マックスを忘れられないディーンが現れ騙されたと知り怒り狂う。貯金から慰謝料を返そうとするが、貯金はかつてのマックスの詐欺の師匠バーバラ(アン・バンクロフト)に持ち逃げされていた。ペイジは心を鬼にしてジャックとの結婚にこぎつけ、マックスがジャックを誘惑。マックスとベッドで眠るジャックを見たペイジは慰謝料を奪うが哀しみに沈む。しかし本当はジャックはマックスに睡眠薬を飲まされていた。それを知ったディーンは「娘の幸せを壊すな」と返金も受けずに去る。反省したマックスはペイジに真実を明かし、ペイジはジャックの元に戻り愛を誓う。マックスはディーンと組み貯金を取り戻すために、バーバラを結婚詐欺のカモとするのだった。...

作品データ

原題 Heartbreakers
製作年 2001年
製作国 アメリカ
配給 ギャガ=ヒューマックス
上映時間 124分

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
3.6 3.6 (全1件)
  • 面白かった! ネタバレ! 恋の壊し屋の主人公のお姉さん夫婦が、とても楽しませてくれました。七変化のお姉さんの、次から次にあらゆる職業をこなす才能に驚きました。こんな商売をしなくても、どんな仕事でも成功するのに。でも、だか... ...続きを読む

    yoite yoiteさん  2011年6月25日  評価:4.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「ハートブレイカー(2001)」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi