イディオッツ
ホーム > 作品情報 > 映画「イディオッツ」
メニュー

イディオッツ

劇場公開日

解説

知的障害者を演じることで社会を挑発するグループを描いた問題作。監督・脚本・撮影は「ダンサー・イン・ザ・ダーク」のラース・フォン・トリアー。これは彼が運営するプロジェクトドグマ95の第2作。音楽はキム・クリステンセン。編集はモリー・ステーンスゴー。出演はボディル・ヨアンセン、イェンス・アルビヌス、アンヌ・ルイーセ・ハシング、トレルス・リュビュー、ニコライ・リー・コースほか。

ストーリー

人々の偽善を、自ら知的障害者のふりをするというやり方で暴こうとするストファー(イェンス・アルビヌス)を中心としたグループ、イディオッツ。カレン(ボディル・ヨアンセン)は立ち寄ったレストランで、口からよだれを垂らし突然泣き叫ぶ彼らに偶然出会う。それが演技だと分かり最初は怒りをあらわにするカレンだったが、次第に彼らに惹かれ、ストファーの叔父の持ち物である一軒家で共同生活を送るグループと行動を共にするようになっていった。そして、やがてカレンも、知的障害者の演技を始めるようになる。そんなある時、福祉事務所の対応に腹を立てたストファーが錯乱する。メンバーは必死に彼をなだめ、次の日、ストファーの誕生日を祝うためにパーティーを開いた。羽目を外し、乱交セックスを始めるメンバーたち。その中で一番若いジェッペ(ニコライ・リー・コース)とジョセフィーン(ルイーズ・ミエリッツ)は互いに愛し合っていることを確かめるが、翌朝、ジョセフィーンの父親が彼女を自宅へ引き戻しにくるのだった。ストファーは、グループの結束を形にして示そうと、自分が最も愛する人の前で知的障害者になるという、究極のテストを行なうことを提案した。そのテストからは次々と脱落者が出て、ついにカレンの番になった。彼女は立会人のスザンヌ(アンヌ・ルイーセ・ハシング)と共に自宅に戻り、愛する家族の前で知的障害者の演技を始めるのだった。...

作品データ

原題 The Idiots
製作年 1998年
製作国 デンマーク
配給 スローラーナー
上映時間 117分
映倫区分 R15+

提供:株式会社キネマ旬報社

受賞歴

第51回 カンヌ国際映画祭(1998年)

出品
コンペティション部門
出品作品 ラース・フォン・トリアー

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
3.6 3.6 (全3件)
  • なんじゃこりゃ 面白いかどうかではなく、純粋にこれは映画なのかという戸惑いを受けてしまった。ミニマリズムを徹底していることもあり今でいうモキュメンタリーに近いものを感じたけど、ほんとによくわからなかった。理解を... ...続きを読む

    ちかし ちかしさん  2015年5月13日  評価:2.5
    このレビューに共感した/0人
  • よくわからなかった。 見ていて不快感が募ってくばかりだったが、これがこの人達の自分を認める方法なんだろうなあって思う。 最後のシーンがとても悲しかった。 見ていて辛かった。 ...続きを読む

    タテスジコ タテスジコさん  2014年10月28日  評価:2.0
    このレビューに共感した/0人
  • 現代社会の安らぎ。 競争が激しく、ストレスばかりでいろいろ世知辛い世の中ですが、こんなゆがんだ安らぎの場所を提案する、ヴォントリアー監督の視点はすごいと思います。 ...続きを読む

    rocko rockoさん  2013年12月18日  評価:4.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「イディオッツ」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi