レナードの朝のレビュー・感想・評価

メニュー

レナードの朝

劇場公開日 1991年4月5日
35件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

病から劇的に目覚め、再び戻る様が『アルジャーノンに花束を』と重なり...

病から劇的に目覚め、再び戻る様が『アルジャーノンに花束を』と重なりました。

好きになった女性に、病が進行した姿を見られたくないレナードと、さよならを告げたレナードの手を強く握りしめる握りしめるポーラ。レナードとポーラのダンスシーンが好きです。

yucca
yuccaさん / 2018年2月15日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

難病もの

医師(意志)あるところに道は開ける。

みつまる。
みつまる。さん / 2017年10月27日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

幸せ

ささいな日常の幸せ。
この一瞬、一瞬をを楽しむことが大切なのかもしれない。
今は辛いけどこれは、将来いつか幸せになるためだってのは違うかな。いつかなんて、一生来ないのではないかな。今が辛くてもそこから幸せを感じ取ることが大切なのでは。

と言うより、将来いつか幸せになるから!って幸せ感じることを先延ばしにして、今の幸せを感じ取ろうとしないことが哀れなのか。 うん、恐らくこれだな。今を感じろ的な。

友達と会話できること、食事が出来ること、歩けること、思いを伝えられること、幸せだな。

tatsuo
tatsuoさん / 2017年10月22日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

レナードが身なりを整え、食堂でダンスを踊り、窓から人を見送る。 こ...

レナードが身なりを整え、食堂でダンスを踊り、窓から人を見送る。
この一連の流れはそのBGMと相まって、映画史に残る最も美しいシーンの1つだと思う
映画を観て良かったと思わせてくれる

主人公の医師として治療し続ける姿と
周囲が良い意味でも悪い意味でも変化していく姿の対比が心に残る
この医師は偉大な人だと思う

小林
小林さん / 2017年10月8日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

変わる観方

 あまり好きでない難病ものに、これまたあまり得意ではないロビン・ウィリアムスである。若い頃にはそんな食わず嫌いなバイアスのかかった見方をしていた。
 この俳優も、同性愛者であり、自ら死を選ぶという、まるで彼がそれまで演じてきた数々の個性的な人間の中の一人のような生涯を生きた。
 そのことを知ってから、彼の出演した多くの映画を観ると、なんだか胸が苦しくなる。

よしただ
よしたださん / 2017年6月25日 / PCから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  泣ける 悲しい 知的
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

日常がある幸せ

歩く、話す、ご飯を食べる…
こんな日常があることが、どんなに幸せなのかを噛み締めさせられた。
主演の2人が最高。
大好きなロビン・ウィリアムズ。彼の笑顔が大好きだ。

Megumi
Megumiさん / 2017年6月11日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

実話をもとに

涙なしでは観れません。とても感動した。映画として物語は終わっても、現実は続いていて、脳炎患者に対する医療の今がどうなったのか、とても気になります。

仕事、遊び、友情、家庭、小さな温もりを改めて思い出しましょう。

とまとのなっちゃん
とまとのなっちゃんさん / 2017年6月4日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

難病患者とその医者との交流を描く感動作

医師・オリバー・サックス著作の医療ノンフィクション『レナードの朝』が映画化。

難病の患者さん、その治療挑む医者との交流を軸に描かれています。

実話が基になっているので、より感動しました。

ちあき
ちあきさん / 2017年5月9日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

Let's Begin...

医者の苦悩と患者の苦悩が伝わってきて、とても感動した。ロバート・デニーロとロビン・ウィリアムズのコンビも良かったし、ノンフィクションだということで、リアリティがあった。

ジンジャー・ベイカー
ジンジャー・ベイカーさん / 2017年3月17日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 幸せ
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

笑顔が

久々に胸に染みる、映画らしい映画だなあと思いました。

目覚めて、ハッピー!
だけで終わらないのが現実社会なんですね…

みんないい笑顔ですね。

ふー
ふーさん / 2017年3月1日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

切ないけど、良い映画

こんな難病があるのですね。不思議過ぎる。こういう映画を通して、アメリカ人の懐の深さ、寛容さを感じます。そして陽気さも。ロバート デ・ニーロ、ロビン ウィリアムズの演技はピカイチ!

Sheeta
Sheetaさん / 2017年2月5日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

the summer of 1969 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

長年閉ざされていた意識が解放され、各患者の自我が目覚めていく過程が感動的でした。生の喜び、失った年月の重み、そして再び生を奪われていく残酷さ。人間とは何か、何が人間を特徴付けるのか、生きるとは何か、様々なことを考えさせられる良作でした。

Robin Williamsは多くの素晴らしい作品に出演して、大勢に感動を与えてくれたのに、彼自身の人生の最期は苦しかったようで大変残念です。

"People have forgotten what life is all about. They've forgotten what it is to be alive. They need to be reminded. They need to be reminded of what they have and what they can lose. What I feel is the joy of life, the gift of life, the freedom of life, the wonderment of life!"

Bryan Adamsは無関係ですが…
"...those were the best days of my life back in the summer of 69♫"

everglaze
everglazeさん / 2017年1月4日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

言葉にならない、できない。なんだこのやるせなさは。 こんな病気があ...

言葉にならない、できない。なんだこのやるせなさは。

こんな病気があるんですね、そのことにまずショック。今はあまり聞きませんが、もう大丈夫な世になっているということでしょうか。
新薬が劇的な回復をみせる感動の物語なんだと、途中思いました。
さらに物語がすすみ、回復した人々の感じる厳しい現実に、なるほどこれはただの感動物とは一味違うのだな、そう感じました。
しかし、まさか、まさか。

ロバート・デニーロとロビン・ウィリアムズの演技はさすが名優。そして有名なダンスシーンと見どころ満載。見ずには死ねない一本認定です。
ただ、せつなすぎる。胸が重く、痛い。

はむひろみ
はむひろみさん / 2016年12月17日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

2つのシーンが印象的でした ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

見終わった直後にレビューを書いています。
気分としては感傷的です。
ひとまず、映画を思って疑問だった箇所を調べたので、メモ的に残します。

Q.何故レナードにはパーキンソン症状が再発するようになったのか?また、ラストのシーンで全ての患者が元の症状に戻ってしまったのは何故か?
A.Lドーパに対して耐性が出来てしまったから

Q.実話かどうか疑わしい箇所があったが、本当に実話か。
A.エピソードは実話。しかし、映画で描写される患者の症状は科学的でない部分もあるとのこと。実話を基にしたフィクションという言い方が正しいかも。

嗜眠性脳炎という疾患にLドーパ(現在でも抗パーキンソン薬として用いられている。)を投与した結果、患者は一時的に「目覚める」が、耐性ができるため、眠りの状態に戻ってしまうという話。

すごく人間らしさだとか、人間の尊厳について考えさせられる映画です。
個人的に好きなのは、眠りの状態にある患者が反応する音楽に違いがあるというシーン。
クラシックにもジャズにも反応しないけれどもジミヘンのパープルヘイズには反応する患者にはシビれました。ロックというジャンル
の性質と相まってかっこよく見えたのかもしれません(ロックは個々人の思いが強く表れる音楽だと思ってます)。

レナードの症状が悪化した際に「カメラを持ってこい!」とセイヤーに告げるシーンも印象的です。他の患者よりも症状が進行している自分だからこそ、経過を観察させ、自分の姿を見て学べと伝える。
レナードは再び自分が「眠る」ことを分かっていて、それまでに自分が生きた証を残したいのではないか。その思いが強く出たのがこのシーンではないかと解釈します。

これらシーンをまとめると、「人間はそれぞれ違った存在であり、それを証明する欲望を持つ」のではないかと思いました。
まだ頭の整理がついていませんが、ひとまずここまで。

奈々生ん
奈々生んさん / 2016年11月29日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

何度観ても素晴らしい作品!

精神を病むこととは何なのか?こんなことが実際に起こったようですからね。ロバート・デニーロの演技が凄い! (大好きなロビン・ウィリアムズが亡くなった。追悼の意味を込めて、ロビンの作品を観る。[購入])

海(カイ)
海(カイ)さん / 2016年8月25日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 興奮 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

実話を基にした作品 ふつーに泣ける。自分がもし30年たって目覚めた...

実話を基にした作品
ふつーに泣ける。自分がもし30年たって目覚めたらと思うと恐怖でしかない。
役者の演技力すごすぎる。さすがの名優二人。

スミス
スミスさん / 2016年6月23日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

心情まで忠実な実話に基づく作品 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

ロビンウィリアムズが大好きなので鑑賞した作品。自分のためが微塵もない、患者のための優しさがにじみ出ている役。でも驚いたのはロバートデニーロが若っ、演技も上手っ!ということ。物心ついた時にはマフィア役の似合う大御所だったが、そうなるのは当たり前だとこれを見て思う。アルパチーノのセントオブウーマンでの全盲の演技といい、往年スターの凄さはすさまじい。
病歴に脳炎があり今まで特定のものへの反応しか見せず石のようだった患者達が蘇ると、一人一人、世俗的だったり妻命だったり歌が好きだったり、生き方も性格もそれぞれ全く異なるごく普通の、時には悪いところもある人間で、障害者は無垢で純粋という希望を持ちがちだったり、同じ症状でくくってしまいがちな健常者の先入観に気づかされる。レナードが動き出すと、石のようだった期間にもセイヤー医師や看護師の言葉をちゃんと聞き覚えていたり、1人の人間として機能している事を深く心に留めさせられる。患者達が一気に蘇るシーンは、勝手にもっと騒がしくスリラーのようになるかと予想したが、実際の映像はとても幻想的で優しくあたたかい空気に満ちていて、美しかった。上司役以外はセイヤー医師の奮闘に刺激されて院内での働きぶりが変わったり、患者のために心を込めてお世話をしていて、このようなあたたかさが画面を通しても伝わってくるのは、本当に理解が深い製作陣だからなのだと感じた。
進んだかに見えた治療効果による劇的な改善が、かえって病気が人から奪っていたものを浮き彫りにする。良くなったら、良くなった時を知ってしまったが故に、また失う事への不安に襲われたり、子供の頃の発症から数十年石のようになった我が子を介護していた母親は、目覚めて中年に差し掛かった息子の女性への興味や独立心に困惑する。どうなっても問題や懸念がある、病気の一筋縄ではいかない難しさ、病状変化に伴う、登場人物それぞれの葛藤が心を揺さぶり、重く考えさせられる作品。
途中で薬が効かなくなっていくシーンで流れる音楽が人魚姫に似ていて、夢のような一瞬の儚さや物悲しさがよく表れているなぁと感心した。

MAPLE
MAPLEさん / 2016年4月3日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

普通の幸せに気がつかせてくれる

投薬で30年ぶりに脳炎から目覚めたレナードと、完治に向けて努力する精神科医セイヤー。一時、完全と言えるほど回復したレナードは、普通の人と同じような自由を主張するも徐々に薬が効かなくなっていく。
何気なく生きている中に存在する幸せに気がつかせてくれる、実話を基にした話。
ロバートデニーロの演技は鳥肌モノ。

emix
emixさん / 2016年2月16日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

精神を病むということ

いろいろ改めて気づいたこと
1.男女区別ない病室
2.ドーパミン
3.ブックバンド
4.母との関係性
5."dementia " の翻訳

rie530
rie530さん / 2016年2月11日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

何回も観てる

何回もうるうるしてる。

また観たい。

shia
shiaさん / 2016年2月10日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

35件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi