ヤング・フランケンシュタイン
ホーム > 作品情報 > 映画「ヤング・フランケンシュタイン」
メニュー

ヤング・フランケンシュタイン

劇場公開日

解説

怪奇映画の主人公フランケンシュタインをパロディ化したコメディ。製作はマイケル・グラスコフ、監督は「ブレージングサドル」のメル・ブルックス、脚本はブルックス自身と俳優のジーン・ワイルダーの共同、原作はメアリー・シェリーの『フランケンシュタイン』、撮影はジェラルド・ハーシュフェルド、音楽はジョン・モリス、美術はデール・ヘネシー、セットはボブ・デ・ベステル、メークはウィリアム・タトル、特殊効果はヘンリー・ミラーとハル・ミラーが各々担当。出演はジーン・ワイルダー、ピーター・ボイル、マーティ・フェルドマン、マデリーン・カーン、クロリス・リーチマン、リチャード・ヘイドン、ジーン・ハックマン、テリー・ガーなど。日本語版監修は清水俊二。黒白、スタンダード。1974年作品。

ストーリー

著名なビューフォート・フランケンシュタイン博士が死んでから17年たつと、彼の身内の者たちがトランシルバニア城の地下に眠る博士の棺から博士の遺書をとり出した。それによれば、ビューフォートの息子ビクターは、モンスターを作り出して家名を傷つけたので、遺産を曽孫のフランケンシュタイン(ジーン・ワイルダー)に譲るとあった。彼は現在、有名な脳外科医でボルチモアの医大の講師をしていた。ある日、フランケンシュタイン家の使者ファルクスタインがボルチモアへやってきて、フランケンシュタインに曽祖父の遺言により家督を継がなければならないことを告げた。彼はエリザベス(マデリーン・カーン)という恋人がいるためここに留まりたかったが、ファルクスタインに説得されてしぶしぶトランシルバニアに行くことになった。彼がトランシルバニア駅に着くと、家僕アイゴール(マーティ・フェルドマン)が出迎えた。フランケンシュタイン家には、アイゴールの他に老家政婦フラウ・ブリュッハー(クロリス・リーチマン)と小間使いのインガ(テリー・ガー)がいた。フランケンシュタインは、数日この不思議な城に滞在するうちに、祖父ビクターがモンスターを造った実験記録を読み、自分も実験してみたいと思うようになった。それにはまず大男の遺体が必要だった。彼はアイゴールと、処刑された大男の遺体を墓地から盗みだすと。次に優秀な頭脳を捜すようアイゴールに命じた。ところが、彼が研究所から盗み出した頭脳は精神異常者のものだった。フランケンシュタインはそんなことは露知らず何とかモンスターを作りあげた。動きだしたモンスターは持ち前の異常性を発揮して屋敷を飛び出してさまよい歩き盲目の男(ジーン・ハックマン)の家に入り込んだ。孤独な盲人は相手がモンスターだとは知らずに親切にするが、モンスターはその家を飛び出し、行方がわからなくなってしまう。その頃、フラウから、彼女が祖父ビクターと恋人同志でモンスターは二人が協力して作ったものであり、モンスターはバイオリンで弾く子守唄が好きであるということを聞かされたフランケンシュタインは、バイオリンでモンスターをおびきだし、実験室に閉じ込めた。彼はモンスターをこれ以上生かしておけないと主張したが、それに反対したフラウは銃を持ちだして制止した。そうこうしているうちにフランケンシュタインは、モンスターの頭脳の主が甘言に弱いことを知り手なずけることに成功した。彼はこの実験の成果を学界に発表するため、ある劇場に多数の学者たちを集めた。無事発表は終わったが、余興としてタップを踊らせていたとき、突然ライトの一つがショートして放電した。びっくりしたモンスターは暴れだしたために警官に捕らえられ留置場につながれた。だが、そこから脱出したモンスターはちょうどやってきていたフランケンシュタインのフィアンセのエリザベスを誘拐、森の中に逃げ込んだ。彼女はモンスターの強さに感激、次第にひかれていった。そんなモンスターに、フランケンシュタインは自分の頭脳の一部を移植した。そのために口のきけなかったモンスターは人並みに口がきけるようになった。(20世紀フォックス映画配給1時間47分)...

作品データ

原題 Young Frankenstein
製作年 1974年
製作国 アメリカ
配給 20世紀フォックス映画

提供:株式会社キネマ旬報社

受賞歴

第47回 アカデミー賞(1975年)

ノミネート
脚色賞 ジーン・ワイルダー メル・ブルックス
音響賞  

第32回 ゴールデングローブ賞(1975年)

ノミネート
最優秀主演女優賞(コメディ/ミュージカル) クロリス・リーチマン
最優秀助演女優賞 マデリーン・カーン

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
3.5 3.5 (全1件)
  • 小ネタのオンパレード プロットがよく知られている古典的ホラーの名作『フランケンシュタイン』に、お笑いの要素を合体させたその発想にまず驚かされる。 しかもコワおもろい。 ジーン・ワイルダー、マーティン・フェルドマン、マ... ...続きを読む

    みつまる。 みつまる。さん  2016年2月27日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「ヤング・フランケンシュタイン」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi