メイトワン1920
ホーム > 作品情報 > 映画「メイトワン1920」
メニュー

メイトワン1920

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

1920年にアメリカの小さな炭鉱で実際に起きた事件を背景に、その時代のアメリカの暗黒面を浮き彫りにしてゆく。エグゼクティヴ・プロデューサーはアマー・ジャコブ・マリンとマーク・バルサム、ジェリー・シルヴァ、製作はペギー・ライスキーとマギー・レンジ、監督・脚本は「ベイビー・イッツ・ユー」のジョン・セイルズ、撮影はハスケル・ウェクスラー、音楽はメイソン・ダーリングが担当。出演はクリス・クーパージェームズ・アール・ジョーンズほか。

ストーリー

時は1920年、ウエストヴァージニアにある小さな炭鉱町“メイトワン”の炭鉱夫たちは、炭鉱会社“ストーン・マウンテン”がイタリア移民を雇い続け労働者の給料値下げを言い出したことにより、リーダー格のセフェウス(ケン・ジェンキンズ)を中心にストライキを始めるが、会社側は土地の鉱夫たちの反感をよそに最薄給の黒人労働者を雇い入れる。そんな折、この町に組合組織の煽動者ジョー(クリス・クーパー)が姿を現わし、彼の、肌の色や出身に関係なく組合に入る権利がある、との主張の下、鉱夫たちは次第に結束を深めつつある。やがて会社側はヒッキー(ケヴィン・ダイ)とグリッグス(ゴードン・クラップ)というスト破りを雇い入れ、鉱夫達を虐げてゆく。そんな彼らに警察署長シド(デイヴィッド・ストラザーン)と市長キャベル(ジョシュ・モステル)は忠告を与えるが、2人は騒ぎをさらに大きなものにするよう命じられていた。裏切り者C・E・ライヴリー(ボブ・ガントン)の策略で窮地に立たされたジョーを、黒人労働者ヒュー・クローズ(ジェームズ・アール・ジョーンズ)が彼への信頼から命を守ってやり、やがてそれを機に、争いを起こすまいと必死のジョーをよそに、労働者とスト破りたちとの間で血なまぐさい争いの火ぶたが切って落とされる。そして“メイトワン大虐殺”と呼ばれるそれは、鉱夫やスト破り、市長キャべル、そしてジョーら、多くの命を落としてゆくことになる。...

作品データ

原題 Matewan
製作年 1987年
製作国 アメリカ
配給 PARCO

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi