遠い声、静かな暮らし
ホーム > 作品情報 > 映画「遠い声、静かな暮らし」
メニュー

遠い声、静かな暮らし

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

決して裕福ではないリバプールの五人家族の軌跡を描く。エグゼキュティヴ・プロデューサーはコリン・マッケイブ、製作はジェニファー・ハワース、監督・脚本は本作品が長篇第一作になるテレンス・デイヴィス、撮影はウィリアム・ダイヴァー、パトリック・デュヴァルが担当。出演はフリーダ・ダゥウィー、アンジェラ・ウォルシュほか。

ストーリー

長女アイリーン(アンジェラ・ウォルシュ)の結婚式の朝、この家族にとって父親(ピート・ポスルスウェイト)は写真の中と、それぞれの記憶にしかなかった。アイリーン、メイジー(ロレイン・アッシュボーン)、トニー(ディーン・ウィリアムズ)の三人の子供にとって、父親は厳格を通りこしてかなり横暴であったが、父の不在はやはり悲しい事実であり、病床にふせっている父の記憶は、あまりにも悲しかった。50年代のリバプール。ダンスに出かける時の小遺いのために、アルバイトをすることに反対し、すぐに怒り出す父親。子供たちはそれを冷やかに見つめ、反発し、おののき、悲しむ。やがて彼らはそれぞれに結婚をし、それぞれの家庭をもつ。どの家族にもそれほど大きな事件は起こらないが、それでもいさかいの芽は至るところにあった。ある日トニーとメイジーの夫ジョージ(ヴィンセント・マグワイヤー)がガラス部屋を破って落ちてゆく事故が起きるが、これも家族にとってはたくさんの記憶の一つである。トニーとローズ(アントニア・マレン)の結婚式。二人を送り出し家族は一緒に帰る。途中でアイリーンと夫が別れ、母(フリーダ・ダゥウィー)とメイジーとジョージの三人で歩いてゆく……。...

作品データ

原題 Distant Voices, Still Lives
製作年 1988年
製作国 イギリス
配給 シネセゾン

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース

他のユーザーは「遠い声、静かな暮らし」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi