ディープ・カバー
ホーム > 作品情報 > 映画「ディープ・カバー」
メニュー

ディープ・カバー

劇場公開日

解説

麻薬組織に潜入した警察官が、悪の道にのめり込んでしまう姿を描いたアクション映画。監督は「レイジ・イン・ハーレム」のビル・デューク、製作は「背徳の囁き」のピエール・デイヴィッドとヘンリー・ビーン、エグゼクティヴ・プロデューサーは「背徳の囁き」のデイヴィッド・ストレイト、脚本はマイケル・トルキンとヘンリー・ビーン、撮影は「キング・オブ・ニューヨーク」のボージャン・バゼリ、音楽はミシェル・コロンビエが担当。

ストーリー

クリーブランド署に勤務するラッセル・スティーヴンス(ローレンス・フィッシュバーン)に、国際的麻薬組織への潜入捜査の特命が来る。10歳の時、ジャンキーだった父親が射殺された過去を持つ彼は、ドラッグと酒はやらない主義だ。2週間後、組織の本拠地ロサンゼルスに潜入した彼は、その日からジョン・ハルと名乗る。売人エディー(ロジャー・グエンヴァー・スミス)から悪徳弁護士ジェイソン(ジェフ・ゴールドブラム)を紹介され、組織の内部に入り込んだハルは、次第に大物の売人となっていく。ハルとジェイソンがのし上がっていくのを見て、組織の中堅幹部バーボサ(グレゴリー・シェラ)が2人と、その仲間の美術商ベティー(ヴィクトリア・ディラード)を警察に売る。夜の駐車場のヤクの取り引きでワナにはめられかけ、バーボサを殺してしまったハルたちは、組織から、バーボサの借金180万ドルを3日で返せと脅される。そんな時、麻薬局のカーヴァー部長(チャールズ・マーティン・スミス)から捜査の中止命令が出るが、売人の道にどっぷりつかったハルは反発し、さらに、組織から1億ドルを盗み、完全に敵に回してしまう。公聴会で麻薬売買の実体を証言することになったハルは、カーヴァー部長から、警察や組織と癒着した政界にとって不利な証言をするなと脅されるが、その後、有名政治家が、麻薬ディーラーと会っている現場のビデオ・テープをマスコミにばらまき、スキャンダルになる。隣人だったジャンキーの女の墓の前で、手元にある1億ドルをどうするべきか、ハルは思案するのだった。...

作品データ

原題 Deep Cover
製作年 1992年
製作国 アメリカ
配給 アスキー映画

提供:株式会社キネマ旬報社

映画レビュー

平均評価
3.2 3.2 (全1件)
  • 若き日のローレンス・フィッシュバーン 今やマトリックスのモーフィアスなど、すっかり師匠感満載のローレンス・フィッシュバーンの若き日の姿が見られます。 痩せてますねー。んでセクシー!! 内容は、潜入捜査官の葛藤と堕落を描いたよくあるや... ...続きを読む

    LDKのゆうちゃん LDKのゆうちゃんさん  2014年3月9日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「ディープ・カバー」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi