SPACE JAM
ホーム > 作品情報 > 映画「SPACE JAM」
メニュー

SPACE JAM

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

画像1

解説

NBAのスーパースター、マイケル・ジョーダンとアニメの人気者バッグス・バニーら“ルーニー・テューンズ”の面々が、一致団結してバスケットボールの試合に臨むというファンタジー・コメディ。アニメと実写の合成による、両者の“共演”が見もの。監督はジョーダンが出演したCMを手掛け、全世界にナイキ・ブームを起こしたCM演出家ジョー・ピトカで、劇場用映画は「のるかそるか」に続いて2本目。脚本は「サンタクローズ」や、実写とアニメを合成した「秘密兵器リンペット」のレオ・ベンヴェヌーティ&スティーヴ・ラドニック組と、「ツインズ」「キンダガートン・コップ」のティモシー・ハリス&ハーシェル・ワイングロッド組の共同。製作は「ジュニア」のアイヴァン・ライトマン、ジョー・メジャック、ダニエル・ゴールドバーグのトリオ。撮影は「真実の行方」のマイケル・チャップマン。音楽は「恋の闇 愛の光」のジェームズ・ニュートン・ハワードがスコアを書き、ヒップホップ系アーティストの挿入曲が全編に流れる。アニメーション・パートの監督は「ロジャー・ラビット」にも参加したブルース・スミスとトニー・セルヴォーン。出演は、自分自身の役で登場するマイケル・ジョーダンをはじめ、「誘う女」のウェイン・ナイト、「ガール6」のテレサ・ランドル、「小さな贈りもの」のビル・マーレイのほか、現役NBAブレイヤーが続々登場。また、声の出演で「マーズ・アタック!」の俳優ダニー・デヴィートが参加している。

ストーリー

宇宙の果てのアミューズメント・パークでは、重役のスワックハンマー(声/ダニー・デヴィート)が不人気による閉園の危機を回避するため、バッグス・バニーをはじめとする地球のアイドル“ルーニー・テューンズ”を誘拐して見せ物小屋を作ることを計画。その頃、地球では世界的なスーパースター、マイケル・ジョーダン(本人)がバスケットボールを引退して野球選手になることを宣言、スポーツ界に大混乱を巻き起こしていた。彼はマイナー・リーグのミンガム・バロンズに入団したが、成績は全く振るわない。おまけにチームの宣伝担当のポドラック(ウェイン・ナイト)が世話をするために常につきまとい、彼のイライラは募る一方だ。一方、宇宙から来た“ナードラックス”の5人は、ルーニー・テューンズを誘拐するが、バックスの提案でバスケットボールの試合で勝負をつけることに。ところが、ナードラックスたちはNBAのトップ選手たちの能力を吸い取り、2メートルを超す長身プレイヤー集団“モンスターズ”に変身。このままでは負けてしまい、宇宙の果てのテーマパークで永遠に働き続けなければならない。バッグスはゴルフ中のジョーダンをアニメの世界に誘い込み、協力を要請。これを快諾したジョーダン率いるテューンズとモンスターズの試合が始まった。モンスターズの猛攻にテューンズの運命も風前の灯火。だが、助っ人を買って出たビル・マーレイ(本人)の奮戦もあって、ジョーダンはここぞと大活躍、ついに勝利をもぎ取った。やがて元の世界に戻ったジョーダンは、NBAの世界に復帰した。...

作品データ

原題 Space Jam
製作年 1996年
製作国 アメリカ
配給 ワーナー・ブラザース映画
上映時間 87分

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi