頭上の脅威
ホーム > 作品情報 > 映画「頭上の脅威」
メニュー

頭上の脅威

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

アラン・ファトウ、ジャン・シャポー、イヴ・シャンピの共同シナリオを「忘れえぬ慕情」のイヴ・シャンピが監督したSF。撮影は「リオの男」のエドモン・セシャン(空中撮影はギイ・タバリー)、音楽は「真夜中へ五哩」のジャック・ルーシェが担当した。出演は「七つの大罪」のジャック・モノ、マルセル・ボズフィ、ベルナール・フレッソン、クリスチャン・ル・ギロッシュ、クロード・カルバンほか中堅男優。また、仏海軍とソ連海軍の協力によって迫力が添えられている。イーストマンカラー・フランスコープ。

ストーリー

新鋭航空母艦クレマンソー号の飛行隊員は訓練を終えて、夏休みを楽しみに帰路についた。ところが間もなく、海軍省からクレマンソーへ緊急命令が通達された。パイロットたちに非常召集がかけられた。誰ひとりその目的を知らない。ラバーヌ艦長(ジャック・モノ)さえ本省からの命令を忠実に守っているにすぎない。戦闘機には核爆弾が装備され、パイロットたちは一時間交替の機上待機である。重苦しい完全武装態勢の時間がつづいた。偵察飛行に行ったマンサール(クリスチャン・ル・ギロッシュ)が異常な報告をした。目のくらむほどの円盤状の物体を見たという。一時は信じられなかったが、機体から放射能が検出されてから艦内は動揺した。その時本省から将校が派遣され、人工衛星状の物体が地球を廻っているという。正体は不明。米ソともに覚えがないといいはっている。そして各国の謎の物体を追う報告が絶えずなされはじめた。突然、物体の一部が分離した。別れた物体がアメリカ東部を目指して追ってくる。他の天体からのものと確認された。物体の一つはソ連の攻撃で墜落、モンフォール(マルセル・ボズフィ)、カルリエ(クロード・カルバン)の二機は物体に近づいた。その光の異常なまばゆさ、放射能の強烈さに計器の機能は異状をきたしカルリエは墜落、モンフォールが辛うじて帰艦した。物体はクレマンソーに接近、レーダーは不能、放射圏内に入って特殊な放水装置で放射能を防いだ。そして数分、物体は去った。三日ぶりにクレマンソー艦上に平和がもどった。...

作品データ

原題 Le Ciel sur la tete
製作年 1964年
製作国 フランス
配給 東和

提供:株式会社キネマ旬報社

他のユーザーは「頭上の脅威」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi