男と女(1966)
ホーム > 作品情報 > 映画「男と女(1966)」
メニュー

男と女(1966)

劇場公開日

解説

当時無名だったフランスのクロード・ルルーシュ監督が自ら資金を調達して製作した恋愛ドラマ。主演はアヌーク・エーメとジャン=ルイ・トランティニャン。スタントマンの夫と死別した脚本家アンヌと、妻に自殺されたカーレーサーのジャン・ルイによる大人の恋愛がフランシス・レイの音楽と美しい映像にのせてつづられる。1966年の第19回カンヌ国際映画祭ではパルムドールを、同年度のアカデミー賞では外国語映画賞を受賞した。2016年、製作50周年を記念してデジタルリマスター版でリバイバル公開。

キャスト

作品データ

原題 Un homme et une femme
製作年 1966年
製作国 フランス
配給 ドマ、ハピネット
日本初公開 1966年
上映時間 104分
映倫区分 G
オフィシャルサイト  

受賞歴

第39回 アカデミー賞(1967年)

第24回 ゴールデングローブ賞(1967年)

受賞
最優秀主演女優賞(ドラマ) アヌーク・エーメ
ノミネート
最優秀監督賞 クロード・ルルーシュ
最優秀作曲賞 フランシス・レイ
最優秀主題歌賞 "A Man and A Woman"

第19回 カンヌ国際映画祭(1966年)

受賞
20周年記念グランプリ クロード・ルルーシュ
出品
出品作品 クロード・ルルーシュ

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
3.8 3.8 (全19件)
  • ルルーシュが残した完璧な"構図"の数々。 映画史に於いて"構図"の完璧さで本作は他に類を見ない。海辺のボードウォークをゆっくりとカメラが前進する冒頭のタイトルロールから、愛し合う男女が車のシートに隣り合わせて座り、前方、つまりカメラ側を... ...続きを読む

    MP MPさん  2016年10月13日  評価:4.5
    このレビューに共感した/0人
  • やっぱり名作! 初めて(?きちんと?)見た。 男と女の気持ちの揺れの違いがよくわかる。 今の時代にも通用すると思ったけど、今の若い世代にはどう映るのだろう。 ...続きを読む

    こばりん こばりんさん  2016年12月2日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 幸せの絶頂で愛する人を失っても人生は続く。子供は大きくなるし独身の... ネタバレ! 幸せの絶頂で愛する人を失っても人生は続く。子供は大きくなるし独身の暮らしに慣れなきゃいけない。 そんなとき出会った素敵なひとに、そりゃ恋するでしょ。 アンヌの死んだ旦那のサンバの歌声が優しくて、... ...続きを読む

    いの いのさん  2016年11月17日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

DVD・ブルーレイ

暗殺の詩/知りすぎた男どもは、抹殺せよ[DVD] フリック・ストーリー デジタル・リマスター版[DVD] 危険な戯れ[DVD] ジェーン・バーキンinメランコリー・ベビー[DVD]
暗殺の詩/知りすぎた男どもは、抹殺せよ[DVD] フリック・ストーリー デジタル・リマスター版[DVD] 危険な戯れ[DVD] ジェーン・バーキンinメランコリー・ベビー[DVD]
発売日:2013年2月22日 最安価格: ¥2,873 発売日:2007年10月27日 最安価格: ¥4,158 発売日:2011年4月28日 最安価格: ¥4,044 発売日:2007年12月14日 最安価格: ¥3,201
Powered by 価格.com

「男と女」シリーズ関連作品

  • 男と女(1966)(1966年)
  • 男と女II(1986年)

他のユーザーは「男と女(1966)」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi