シックス・デイ
ホーム > 作品情報 > 映画「シックス・デイ」
メニュー

シックス・デイ

劇場公開日

解説

クローン社会の恐怖を描く近未来アクション。監督は「トゥモロー・ネバー・ダイ」のロジャー・スポティスウッド。脚本はコーマック&マリアンヌ・ウィバリー夫妻。撮影は「プレタポルテ」のピエール・ミニョ。製作・主演は「エンド・オブ・デイズ」のアーノルド・シュワルツェネッガー。共演は「コレクター」のトニー・ゴールドウィン、「60セカンズ」のロバート・デュヴァル、「ディープ・ブルー」のマイケル・ラパポート、「ボーン・コレクター」のマイケル・ルーカー、「スピーシーズ2」のサラ・ウインターほか。

ストーリー

2010年、人間のクローン化が法規制された社会。その3年前に出来た“人間は人間を造り出してはならない”とする「6d法」のおかげで、社会はかろうじて秩序を守っていた。しかしある日、飛行士のアダム・ギブソン(アーノルド・シュワルツェネッガー)が仕事を終えて帰宅すると、そこには自分と同じ姿の男が愛する家族と共に彼の誕生日を祝っていた。余りの事態に、呆然と立ちすくむアダム。誰が、何のために6d法を破り、自分のクローンを作り出したのか。自分の身に襲いかかった事件の秘密を探るため、そっと家を離れるアダム。しかし彼の考えとは裏腹に、周りの人々が次々と事件に巻き込まれていく。戦慄すべき現実を前に、家族を、そして自分を取り戻すため、アダムはたった一人で人類消滅の危機に闘いを挑むのだった。...

作品データ

原題 The Sixth Day
製作年 2000年
製作国 アメリカ
配給 東宝東和
上映時間 124分

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
2.9 2.9 (全5件)
  • クローン人間を題材にした映画あるある話 ネタバレ! 間違えてクローンを作られてしまった上に命まで狙われてしまう男の話。 題材がクローンなだけで、大きい企業の犯罪に巻き込まれたからその企業の悪玉をやっつける王道ストーリーですね。 ...続きを読む

    2016年4月5日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • 双子のシュワちゃんを楽しんで! 映画評価:50点 人間が創造した数々のロマンの中でも、一番現実的でいて衝撃的なテーマ そう「クローン」だ。 いつかは必ず人間が手にいれそうな技術なだけに興味深い! このクローン技術が原因でシュワ... ...続きを読む

    ヨコタス@名作探検家 ヨコタス@名作探検家さん  2015年3月14日  評価:2.5
    このレビューに共感した/0人
  • シュワが二人いて面白い ネタバレ! そんなに無理して本体のシュワを殺さなくてもいいじゃないかと思った。元々やらなくてもいいような陰謀にちょっと無理があるような感じがしたし、敵が間抜けな部下を何回もクローンで作り直すのも変だった。シ... ...続きを読む

    古泉智浩 古泉智浩さん  2013年3月7日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「シックス・デイ」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi