シェフとギャルソン、リストランテの夜
ホーム > 作品情報 > 映画「シェフとギャルソン、リストランテの夜」
メニュー

シェフとギャルソン、リストランテの夜

劇場公開日

解説

イタリア人の移民兄弟が開いたリストランテ(レストラン)を流行らせるために奮闘する様を描いた人情喜劇。共同監督・共同製作は「死の接吻」などの個性派俳優スタンリー・トゥッチで、脚本も従兄弟で本作がデビューとなるジョゼフ・トロピアーノと共同で執筆。「ミセス・パーカー/ジャズ・エイジの華」の俳優キャンベル・スコットが共同監督・共同製作としてクレジットされ、出演もしている。製作は「ブロードウェイと銃弾」のジョナサン・フィリー。撮影は「アディクション」ほかアベル・フェラーラ作品で知られるケン・ケルシュ。出演は「アダムス・ファミリー2」などのトニー・シャループ、「スリーパーズ」のミニー・ドライヴァー、「裸のランチ」のイアン・ホルム、「フューネラル」のイザベラ・ロッセリーニほか。

ストーリー

50年代。ニュージャージーの小さな港町。本格的なリストランテ「パラダイス」を経営するのは、職人肌の料理人の兄プリモ(トニー・シャループ)と、営業と経理担当の弟セコンド(スタンリー・トゥッチ)のイタリア移民兄弟。だが客は普通のアメリカ人ばかり、プリモの自慢のリゾットではなく、スパゲティーかミートボールを頼むだけ。頑固なプリモは「客の好みにあった食事を出せ」というセコンドの要求にも耳を貸さず、自慢の一品ばかり並べるので客足は引く一方。人々は向かいにあるパスカル(イアン・ホルム)が経営するリストランテ「パスカルズ」につめかけているのだ。パスカルは兄弟を雇いたいと野心家で目はしが聞くセコンドに持ちかけるが、彼は一徹な兄が承知するわけもないと考えて返事を保留。一方、プリモも弟には内緒で、叔父パオロと相談して故郷に帰る話をしていた。そんな折り。パスカルは兄弟に、自分の友人のイタリア系作曲家ルイ・プリマを「パラダイス」に食事に招待してみないかと提案。兄弟は「プリマの口込があれば成功できる」と確信、貯金をはたいて晩餐会の計画を立てる。招待されたのはパスカルはもちろん、彼の愛人で、実はセコンドとも密会している「パスカルズ」の支配人ガブリエラ、セコンドの長年の恋人フィリス(ミニー・ドライヴァー)をはじめ、プリマがこっそり惚れている花屋のアン(アリソン・ジャニー)、床屋のアルバート、八百屋のチャビー、近所の飢えた芸術家スタッシュ、それにセコンドが声をかけた車のセールスマンのボブ(キャンベル・スコット)といった面々。晩餐会がはじまった。前菜、スープ、魚料理、鳥肉料理に続いて、兄弟の故郷の特産品ティンパーノが用意された。客たちは舌鼓を打ちながら主賓のルイ・プリマを待つ。ところが彼はやってこない。兄弟は精一杯客をもてなすが失望は隠せない。トイレでセコンドはガブリエラに慰めてもらうが、そこにフィリスが来たから大変。不穏な宵の終わり。兄弟はパスカルがルイ・プリマを最初から招いていなかったと知る。すべては彼らを破産させて二人を雇おうという彼の企みだったのだ。セコンドはパスカルに啖呵を切るが今や遅し。痴話喧嘩の果てに海に飛び込んだフィリスは海に飛び込む始末。夜の浜辺で一息ついた時、プリマはイタリアへ帰る話を持ちだすが、セコンドは切れるばかり……。朝。「パラダイス」の厨房。無言で朝食をとる二人。兄弟の絆は切れることはないのだった。...

作品データ

原題 Big Night
製作年 1996年
製作国 アメリカ
配給 シネマテン配給(日本ビクター=シネマテン提供)
上映時間 109分

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース

他のユーザーは「シェフとギャルソン、リストランテの夜」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi