殺人!
ホーム > 作品情報 > 映画「殺人!」
メニュー

殺人!

劇場公開日

解説

サスペンス映画の巨匠アルフレッド・ヒッチコックの初期作品で、ヒッチには珍しく、犯人探しに主眼を置いた古典的な謎解きスリラー。これまでビデオ発売のみだったが、製作から64年を経て初の劇場公開となった。クレメンス・ディーンとヘレン・シンプソンが共同執筆した推理戯曲『サー・ジョン登場』の映画化で、脚本は監督夫人のアルマ・レヴィル。製作はヒッチコックの「ゆすり」も手掛けたジョン・マックスウェル、撮影はJ・J・コックス、美術はJ・F・ミードが担当。主演は、のちにヒッチコックの渡米後第2作「海外特派員」にも出演したハーバート・マーシャル。共演はノラ・ベアリング、フィリス・コンスタム、エドワード・チャップマンほか。

ストーリー

ロンドンのある劇団の花形女優エドナ・ドルースが殺された。現場には、同じ劇団の若い女優ダイアナ・ベアリング(ノラ・ベアリング)が火かき棒を持って呆然と立っていた。彼女は逮捕され、起訴される。裁判では陪審員のひとり、サー・ジョン・メニエ(ハーバート・マーシャル)の弁護もむなしく、ダイアナは死刑を宣告された。劇作家兼俳優にしてアマチュア探偵を気取るサー・ジョンには彼女の犯行とは思えず、単独で調査に乗り出す。彼はダイアナに面会するが、彼女には何やら事件について秘密があるらしい。サー・ジョンが事件を洗い直した結果、女装の空中ブランコ芸人、ハンデル・フェイン(エスメ・パーシー)が容疑者として浮かんできた。サー・ジョンは一計を案じ、今回の事件をモデルにした芝居を上演する計画を立てる。その準備中に怖じ気づいたハンデルは、犯行をほのめかすようになるが、物的証拠がないため逮捕できない。ハンデルは自分のある秘密を、エドナがダイアナに喋るのではないかという不安から犯行に及んだのだった。その秘密とは、彼はインディアンと白人の混血であったうえに、同性愛者というものだった。ハンデルはサー・ジョンに心理的に追い詰められ、空中ブランコの演技の最中にロープで首を吊る。ダイアナは釈放され、サー・ジョンの新しい芝居で彼と共演した。...

作品データ

原題 Murder!
製作年 1930年
製作国 イギリス
配給 シネマ・キャッツ

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース

他のユーザーは「殺人!」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi