黒猫・白猫
ホーム > 作品情報 > 映画「黒猫・白猫」
メニュー

黒猫・白猫

劇場公開日

解説

ばくち好きがこうじて巻き起こる騒動を描いたドタバタコメディ。監督は「アンダーグラウンド」のエミール・クストリッツァ。脚本は「ジプシーのとき」のゴルタン・ミヒッチ。製作のカール・バウムガルトナー、製作総指揮のマクサ・チャトヴィッチ、編集のスヴェトリク・ミカザイッチ、衣裳のネボイシャ・リパノヴィッチは「アンダーグラウンド」に続く参加。撮影は「フィフス・エレメント」のティエリー・アルボガスト。音楽はネレ・カライリチ、ヴォイスラフ・アラリカ、デーシャン・スパラヴァロ。美術はミレンコ・イェレミッチ。録音はネナド・ヴカディノヴィッチ。出演はバイラム・セヴェルジャン、「アンダーグラウンドのスルジャン・トドロヴィッチほか。

ストーリー

ユーゴスラヴィアのとある田舎町。マトゥコ(バイラム・セヴェルジャン)は博打や儲け話に乗っては元手をスッてしまい、父親のザーリェ(ザビット・メフメトフスキー)に見限られている。起死回生の策として新興ヤクザのダダン(スルジャン・トドロヴィッチ)に貨物列車強奪計画を持ちかけるが失敗。困り果てたマトゥコは息子のザーレ(フロリアン・アイディーニ)をダダンの妹アフロディタ(サリア・イブライモヴァ)と結婚させる条件を飲んでしまう。ザーレは恋人イダからその話を聞かされるがどうにもできない。結婚式当日。ザーリェは孫息子の結婚を憂い、死んでしまう。ザーレはアフロディタに式から脱出するよう促す。花嫁不在で式は大混乱。参列者総出の捜索が始まる。逃げるアフロディタは道中、ノッポの男に助けられる。運命を感じたふたりはその場で結婚を約束。実はこの男の祖父はジプシー世界を牛耳る“ゴッドファーザー”。ダダンはかつて彼の見習だったので、ふたりの仲に口出しできない。“ゴッドファーザー”はザーリェとも旧知の仲ということも幸いし、晴れて二組のカップルが誕生。死んだはずのザーリェも生き返り、孫のザーレにヘソクリを託してふたりを祝福するのだった。...

作品データ

原題 Black cat, white cat
製作年 1998年
製作国 フランス・ドイツ・ユーゴスラビア合作
配給 フランス映画社
上映時間 130分

提供:株式会社キネマ旬報社

受賞歴

第55回 ベネチア国際映画祭(1998年)

ノミネート
銀獅子賞(最優秀監督賞) エミール・クストリッツァ

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
3.7 3.7 (全3件)
  • 酒と音楽があればいい 「アンダーグラウンド」の陽の部分だけ切り取った様な結婚ドタバタ劇です。 褒められたもんじゃない様な個性溢れる登場人物達が、またはちゃめちゃ過ぎます。 それでも酒と音楽と踊りと少しのユーモアがあれ... ...続きを読む

    ミカ ミカさん  2015年6月6日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • 人生は楽しい! ネタバレ! うひゃー、おもしろすぎてどう書いたらいいか分からない! ヤギが飛ぶ、ガチョウが走り回る、ブタが車を食べる、死者はよみがえる、そして楽団は木にぶら下がり、音楽は止まらない! 博打好きの親父の借金の... ...続きを読む

    gato gatoさん  2010年6月10日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • クストリッツァの作品は動物と老人がかかせない 1998年フランス・ドイツ・旧ユーゴスラビア合作映画。130分。今年31本目の作品。旧ユーゴスラビアの監督エミール・クストリッツァが手がけたコメディ映画。 内容は; 1,うだつの上がらない男は石... ...続きを読む

    あんゆ~る あんゆ~るさん  2010年5月14日  評価:3.0
    このレビューに共感した/1
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi