ガリレアの婚礼
ホーム > 作品情報 > 映画「ガリレアの婚礼」
メニュー

ガリレアの婚礼

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

外出禁止令の敷かれたイスラエル、ガリレア地方のある村の婚礼の一夜を描く。製作はジャクリーヌ・ルイとベルナール・ロラン、監督・脚本は本作が長編劇映画第一作となるミシェル・クレイフィ、撮影はマリー・カストロ・ヴァスケス、音楽はジャン・マリー・セニアが担当。出演はアリ・モハメッド・アキリ、ブシャラ・カラマンほか。87年カンヌ映画祭国際映画批評家連盟賞受賞作。

ストーリー

イスラエル軍による厳重な戒厳令の敷かれたパレスチナのある村落。そんな折、この村の村長ムクタール(アリ・モハメッド・アキリ)は、息子(ナーズィー・アクレー)の結婚式をアラブの慣習通り夜を徹して行おうと決意、イスラエル軍の司令官(マクラム・コウリ)に、一晩だけ外出禁止令を解除してもらえるように要請する。司令官は、これを軍の支配権の大きさを知らしめる好機と思い、式に自分と部下の将校を主賓として招待すること等を条件に、それを了承する。支配する者とされる者との間の、さまざまな思惑のもと、パレスチナの伝統と格式にのっとった婚礼の宴は盛大に始まり、イスラエルの将校たちも次第に心なごませる。しかしその一方で、司令官暗殺を企てる青年グループと、それをたしなめようとする穏健派、そして軍の秘密警察が、祭りの喧騒の陰で暗躍していた。夕刻、花婿と花嫁(アンナ・アシディアン)が寝室へと消えた。次第に夜は更け、村中が物々しい空気に包まれ、将校たちの警戒心も再び高まってくる。おまけに自分の体面を保つためにイスラエル軍を招いた父親への反感や、村をあげての仰々しい婚礼から受ける重圧から、花婿は花嫁を抱くことができない。アラブの伝統的な婚礼では、花嫁の鮮血が染みついたシーツを客に披露することで、夫婦の証として儀式は完結するのだ。焦る花婿、せかす両親、村内の緊張感が極限に達した時、花嫁は自らの手で“夫婦の証”を作り上げることで、無事宴果て、夜が明けるのだった。...

作品データ

原題 Noce en Galilee
製作年 1987年
製作国 ベルギー・フランス合作
配給 シネマトリックス
上映時間 116分

提供:株式会社キネマ旬報社

他のユーザーは「ガリレアの婚礼」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi