エニイ・ギブン・サンデー
ホーム > 作品情報 > 映画「エニイ・ギブン・サンデー」
メニュー

エニイ・ギブン・サンデー

劇場公開日

解説

アメリカンフットボールに賭ける鬼コーチと選手たちの熱き生きざまを描いたドラマ。監督は「ニクソン」「Uターン」のオリヴァー・ストーン。脚本はダニエル・パイン(「ハードウェイ」)と劇作家ジョン・ローガンの原案を元に、ストーンとローガンが担当。撮影はビデオクリップ界出身のサルヴァトーレ・トティーノで本作が劇映画デビュー。音楽は「カジノ」のロビー・ロバートソンと、ポール・ケリー、リチャード・ホロヴィッツ。出演は「インサイダー」のアル・パチーノ、「ベリー・バッド・ウェディング」のキャメロン・ディアス、「好きと言えなくて」のジェイミー・フォックス、「セイヴィア」のデニス・クェイドほか。

ストーリー

全米で日曜日ごとに開催され熱狂を集めるアメリカンフットボール。トニー(アル・パチーノ)は不振が続くマイアミ・シャークスのヘッドコーチ。開幕戦、チームの柱のヴェテラン・クォーターバックの“キャップ”ことジャック(デニス・クェイド)を故障で欠き、チームは危機突入。若き女性オーナーのクリスティーナ(キャメロン・ディアス)はビジネス優先でチーム人事にも口出しをし、トニーと確執を深める。ところが、無名選手ながらキャップの代役をつとめることになったウィリー・ビーメン(ジェイミー・フォックス)が予想以上の大活躍をみせ、チームは快進撃。だが一躍スターとなったウィリーは、身勝手なプレーでチームメイトの信頼を失い、トニーの忠告にも耳を貸さない。不協和音を奏で始めたチームは、ついにプレーオフ出場を賭けた栄光の日曜日を迎える。負傷が癒えたキャップをクォーターバックに据えてゲームに臨むトニーだが、キャップの肉体はすでに限界に来ていた。かくして、再びキャップの代役に立ったウィリーはチームメイトの信頼を取り戻し、華麗なるプレイを披露してチームに勝利をもたらすのだった。...

作品データ

原題 Any Given Sunday
製作年 1999年
製作国 アメリカ
配給 日本ヘラルド映画
上映時間 151分

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
3.4 3.4 (全1件)
  • アメフト監督パチーノ。 アメリカンフットボールの世界。 監督の葛藤にオーナーとの確執や選手たちのそれぞれの事情などオリバーストーンのテンポある演出に楽しく観れた印象のスポーツドラマ。 ...続きを読む

    万年 東一 万年 東一さん  2016年5月5日  評価:2.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「エニイ・ギブン・サンデー」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi