イリュージョニスト(1983)
ホーム > 作品情報 > 映画「イリュージョニスト(1983)」
メニュー

イリュージョニスト(1983)

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

二人の兄弟を中心に描くシュールリアルな物語で、台詞はない。製作、監督はジョス・ステリング。エグゼクティヴ・ブロデューサーはスタンリー・ヒルブラント、バート・ドグロート。主演のフリーク・デ・ヨングの原案に基づき、彼とステリングが脚色。撮影はテオ・ファン・デ・サンド、音楽はウィレム・ベルーカーが担当。

ストーリー

舞台で出を待つ男、それをドアのすきまから覗き込む男。話は風車小屋の一家へと移る。食事中にへそくりを数える祖父(カレル・ラベレ)、蝿をつかまえて収集している兄弟。母(カトリエ・ボルシューゼン)は、ねむっている祖父から金をくすねようとする。頭のおかしい弟(ジム・ヴァン・デ・ウーデ)は精神病院につれられていった。兄(フリーク・デ・ヨング)は母の制止をふりきって、バスで精神病院へ。中では弟が患者相手になにやら講義をしていた。患者も医者も妖しげな行動をしている。兄は母につれもどされて風車小屋へもどった。父(ジェラルド・トーレン)が自殺していた。風車小屋が爆発。話は再び舞台にもどる。これまでは兄の幻想だったのだろうか?...

作品データ

原題 De Illusionist
製作年 1983年
製作国 オランダ
配給 デラ・コーポレーション

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi