ロシアのコット監督、新藤兼人「裸の島」に影響受けたと語る : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年10月30日 > ロシアのコット監督、新藤兼人「裸の島」に影響受けたと語る
メニュー

ロシアのコット監督、新藤兼人「裸の島」に影響受けたと語る

2014年10月30日 18:45

アレクサンドル・コット監督「草原の実験」

アレクサンドル・コット監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 東京・六本木ヒルズで開催中の第27回東京国際映画祭コンペティション部門出品作「草原の実験」の上映が10月30日あり、アレクサンドル・コット監督が会見した。

広大な草原地帯を舞台に、平和な日々を送る父と美しく優しい娘、そして娘に恋をするふたりの青年のエピソードを軸に、いっさいのセリフを排除し、映像美のみで反核を訴えた異色のアート映画。

カザフスタンで実際に起きた出来事にインスパイアされて製作された本作についてコット監督は、ヨス・ステリング監督の「イリュージョニスト(1983)」、メル・ギブソン主演の「アポカリプト」、そして新藤兼人監督の「裸の島(1960)」から、影響を受けたと明かす。

セリフのない映画を作るにあたり、「頭の中にシーンを思い浮かべて書きました」と脚本らしい脚本はわずか3ページのみだったそう。キャスティングについては「顔色だけで何が言いたいのかわかるような、表情豊かな役者を選びました」と語る。最も苦労したのは編集で「セリフがないので、観客が退屈して眠らないようにすること、後はプロの女優ではない14歳の少女の演技ではない自然な表情を切り取った」と説明した。

シネマスコープでダイナミックに美しい草原地帯の風景を映した理由については「パソコンやスマホではなく、映画館で見る観客を念頭に置いてこの手法をとった」と話し、ソ連時代のキルギスの絵画のイメージを取り入れたり、色の修正をせずにありのままを切り取ったと映像へのこだわりを語る。核爆発のシーンでは「アニメーションや、アメリカが撮った核実験の美しい映像のようにならないよう気を配った」と振り返った。

東京国際映画祭は10月31日まで開催。

イリュージョニスト[Blu-ray/ブルーレイ] イリュージョニスト[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,926 ジャック・タチが娘のために書いた幻の脚本を基に、長編デビュー作『ベルヴィル・ランデブー』で独特のセンスを発揮したシルヴァン・ショメが映画化したアニメーション。
裸の島[DVD] 裸の島[DVD] 最安価格: - 瀬戸内海の小島で暮らす一家の生活を、全編セリフ無しという手法で描いた、新藤兼人監督が贈るドラマ。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi