アリスのレストラン
ホーム > 作品情報 > 映画「アリスのレストラン」
メニュー

アリスのレストラン

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

現代の吟遊詩人アーロの、ほろ苦いユーモアをたたえた彷徨。製作は「バイ・バイ・バーディー」のヒラード・エルキンズ、監督は「俺たちに明日はない」のアーサー・ペン。アーロ・ガスリーのヒット曲Alice's Restaurant Massacreを原案として、アーサー・ペンとベナブル・ハーンドンが脚本を執筆。撮影は67年カンヌ映画祭でTVコマーシャル賞を獲得したマイク・ネッビア、音楽はアーロ・ガスリー、編集はデデ・アレンがそれぞれ担当。出演は、アメリカのフォーク歌手アーロ・ガスリー、テレビ・舞台で活躍、映画初出演のパット・クイン、ほかにティナ・チェン、ジェームズ・ブロデリック、マイケル・マクラナザン、キャサリン・ダブニー、ジェフ・アウトローなど。デラックスカラー、ビスタサイズ。1969年作品。

ストーリー

アーロ(アーロ・ガスリー)はひょろりと背の高いヒッピー。しょぼくれ帽子に傷だらけのギターが、彼のトレード・マーク。ロッキー・マウンテン・カレッジに入学したが、すぐに学校におさらばして、友人ロジャー(ジェフ・アウトロー)と感謝祭を友人のアリス(パット・クイン)の所で過ごすことに決めた。彼女は亭主のレイ(ジェームズ・ブロデリック)と廃墟になった教会の鐘楼に住んで、近くにレストランを経営していた。そこには、アーロと同じような若者が、わんさといた。この一族がためたゴミを、ある日、アーロは道端の崖にすててしまった。あくる日、アーロはお人好しの警官に逮捕され、この50年間におけるこの町の最悪の犯罪人として、罰金50ドルを科せられてしまった。やがて、アーロに、日本陶器を作っているマリー(ティナ・チェン)という恋人ができた。しかし、アーロのところに徴兵検査の通達がとどいた。これを何とかのがれようと策すアーロは二日酔いのまま出頭、殺人狂を装ったが、逆に精神分析医にからかわれる始末であった。いろいろ検査されたあげく、徴兵されそうな気配になった。しかし、最終検査の時に、アーロはゴミ捨て事件の逮捕歴があることを告げた。事情は一変。彼は、軍務につくにはあまりにも破廉恥な罪を犯したとして、兵役免除。この法律と徴兵を相手にしたアーロの大奮闘のお話には、アリスのレストランと、客の顔ぶれがいつも変わる教会の話がからむ。現代のボヘミヤンともいうべきアーロのような若者たちにとって、この廃墟の教会は一時の安息所であった。しかし、こういうものはいつか消え、彼の理想も、現実の原色の色彩の中で色あせてしまう。それでもあの頃にはかわいいマリーがい、シェリイ(M・マクナラザン)がい、カレン(キャサリン・ダブニー)がい、そしてロジャーたちがいたことは、アーロの心の中から、決して消え去ることはないだろう。(ユナイト配給*1時間51分)...

作品データ

原題 Alice's Restaurant
製作年 1969年
製作国 アメリカ
配給 ユナイト

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi