緑山高校 甲子園編
ホーム > 作品情報 > 映画「緑山高校 甲子園編」
メニュー

緑山高校 甲子園編

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

ただ”目立ちたい”という一心で甲子園を勝ち進んでいく、創立したての野球部の活躍を描くアニメーション。週刊ヤングジャンプで1984~1988まで連載された野球ギャグ漫画を全10巻でOVA化。その前半4巻を再編集した劇場公開版。原作者の桑沢篤夫が構成・監修も担当。監督は「鎧伝サムライトルーパー」「新機動戦記ガンダムW」の池田成。声の出演は「紅い眼鏡」の千葉繁。

ストーリー

第71回夏の甲子園大会の福島地区予選。創立したての緑山高校野球部は全員一年生チームでありながら予選を勝ち進んでいた。チームワークはゼロの目立ちたがり屋ばかりのスタンドプレー集団にもかかわらず、「大阪見物がしたい」という目的の下、見事優勝。福島地区代表として甲子園球場に立つのだった。1回戦の相手は優勝候補の一つ、強豪「宮島商業」。一回表で4点を先取されてしまった緑山のエース二階堂は、チームの勝利を早々と諦め、自分の為だけに新記録奪27三振に挑戦を始めるのだった…。新記録まで後一つと迫るなか、バッターボックスには宮島商業の巨砲国枝が立つ。果たして新記録は達成されるのか!?...

スタッフ

監督
演出
池田成
前園文夫
湖山禎崇
監修
桑沢篤夫
構成
池田成
桑沢篤夫
前園文夫
湖山禎崇
原作
桑沢篤夫
企画
廣瀬和好
企画協力
桑沢プロダクション
製作
廣瀬和好
アニメーション制作
あにまるや
バルク
制作
本多敏行
キャラクターデザイン
鈴木信一
作画監督
鈴木信一
撮影
岡崎英夫
美術
荒井和浩
音楽
片倉三起世
エンディング・テーマ
野澤恵
音響演出
高橋朗
録音
上村利秋
効果
糸川幸良
編集
掛須秀一
制作担当
名嘉邦夫
西谷弘子
協力
週刊ヤングジャンプ

キャスト(出演(声))

作品データ

製作年 1990年
製作国 日本
配給 東和プロモーション
上映時間 82分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi