ピカ☆ンチ LIFE IS HARD だけど HAPPY : 関連ニュース

ピカ☆ンチ LIFE IS HARD だけど HAPPY

劇場公開日 2002年10月18日

関連ニュース:ピカ☆ンチ LIFE IS HARD だけど HAPPY

「お前はまだグンマを知らない」テレビアニメ化決定 ED主題歌は群馬県出身の内田彩(2018年2月14日)

「くらげバンチ」(新潮社刊)で配信中のWeb漫画「お前はまだグンマを知らない」のテレビアニメ化が決定した。群馬テレビ、アニマックス、GYAO!ほかで4月から放送・配信を開始する。同作は、群馬県の「あるある」をもとに井田ヒロト氏が描くコメディ作品。チバ県から謎多き土地グンマ県に転校してきた神月が... 続きを読む

ハンス・ジマー「X-MEN ダーク・フェニックス」音楽を担当(2018年2月1日)

映画音楽界を代表する名作曲家ハンス・ジマーが、「X-MEN」シリーズの新作「X-MEN:ダーク・フェニックス(原題)」で音楽を担当することがわかった。米ハリウッド・レポーターが報じている。本家「X-MEN」シリーズの脚本家・プロデューサーとして知られるサイモン・キンバーグが脚本を執筆、長編初メ... 続きを読む

ボネガット「スローターハウス5」がテレビシリーズ化(2018年1月5日)

カート・ボネガットのSF小説「スローターハウス5」を、米ユニバーサル・ケーブル・プロダクションが新たにドラマシリーズ化することが、米バラエティによってわかった。1969年に発表された「スローターハウス5」は、自分の過去・現在・未来をとびまわる奇妙なタイムトラベラーとなった主人公ビリー・ピルグリ... 続きを読む

クリストファー・ノーランがスタンリー・キューブリックに聞いてみたい質問とは?(2018年1月2日)

アカデミー賞のノミネート発表を間近に控え、70ミリプリント版「ダンケルク」が全米50館のIMAX劇場で再上映されるにあたり、同作でメガホンをとったクリストファー・ノーラン監督がプロモーションのため米MTVのポッドキャスト「Happy Sad Confused」に出演。自ら大ファンだと常々公言し... 続きを読む

米ユニバーサル、2017年世界興収50億ドル突破(2017年12月27日)

米ユニバーサル・ピクチャーズの2017年の世界興行収入が50億ドルを突破した。米ウォルト・ディズニー、ワーナー・ブラザースに続き3社目だ。米バラエティによれば、年間の世界興収が50億ドルを超えたのは、105年の歴史を誇る同スタジオ史上2度目。人気カーアクションシリーズ第8弾「ワイルド・スピード... 続きを読む

「学園ベビーシッターズ」OP主題歌を小野大輔、ED主題歌を西山宏太朗&梅原裕一郎が担当(2017年12月10日)

時計野はり氏が「月刊LaLa」(白泉社刊)で連載中の漫画を原作とする、テレビアニメ「学園ベビーシッターズ」の主題歌詳細が発表された。犀川恵吾役として出演する小野大輔が歌うオープニング主題歌「Endless happy world」は、小野としては初めてのオープニング主題歌タイアップ楽曲で、CD... 続きを読む

マーゴット・ロビー、ハーレイ・クイン単独映画の計画を明かす(2017年12月7日)

「スーサイド・スクワッド」のハーレイ・クイン役で一躍スターダムに躍り出た豪女優マーゴット・ロビーが、同キャラクターを主人公にした新たな単独映画を計画中であることを明かした。現在、「スーサイド・スクワッド」を手がけたデビッド・エアー監督のメガホンで、ハーレイ・クインを中心としたDCコミックスの女... 続きを読む

ミヒャエル・ハネケ×イザベル・ユペール最新作「ハッピーエンド」3月公開(2017年12月5日)

名匠ミヒャエル・ハネケ監督の最新作で、「愛、アムール」で親子を演じたジャン=ルイ・トランティニャンとイザベル・ユペールが出演する最新作「HAPPY END」が、邦題「ハッピーエンド」として、2018年3月3日公開する。本年度アカデミー賞外国語映画賞オーストリア代表に選ばれた最新作の舞台は、難民... 続きを読む

【全米映画ランキング】タイラー・ペリーの新作がV G・バトラー主演のディザスター映画が2位(2017年10月24日)

ハロウィーンを控え、4本の新作がランクインした先週末の全米ボックスオフィス。約2165万ドルのオープニング興収で首位デビューを果たしたのは、タイラー・ペリー監督・主演のコメディ「Tyler Perry's Boo 2! A Madea Halloween」だった。同作はペリーによる人気シリーズ... 続きを読む

【全米映画ランキング】ホラー「Happy Death Day」がV ジャッキー・チェン主演のアクションは3位に(2017年10月17日)

先週末の全米ボックスオフィスは、ハロウィーン向けのホラー「Happy Death Day」が、約2650万ドルのオープニング興収で首位デビューを飾った。同作は、「インシディアス」「パラノーマル・アクティビティ」などの人気ホラー作で知られるプロデューサー、ジェイソン・ブラムの最新作。仮面を被った... 続きを読む

78件中、1~10件目を表示

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi