「嵐」主演作の10年ぶり続編、25万席が1日で完売 4都市での追加上映も決定 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年7月19日 > 「嵐」主演作の10年ぶり続編、25万席が1日で完売 4都市での追加上映も決定
メニュー

「嵐」主演作の10年ぶり続編、25万席が1日で完売 4都市での追加上映も決定

2014年7月19日 14:45

嵐主演作の10年ぶり続編「ピカ☆★☆ンチ」「ピカ☆ンチ LIFE IS HARD だけど HAPPY」

嵐主演作の10年ぶり続編「ピカ☆★☆ンチ」
(C)2014 J Storm Inc.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] アイドルグループ「嵐」の5人がそろって主演する「ピカ☆★☆ンチ(ピカンチ・ハーフ) LIFE IS HARD たぶん HAPPY」が、当初予定されていた東京のほか、札幌、名古屋、大阪、福岡でも上映されることが決まった。

「V6」の井ノ原快彦が原案、「嵐」の5人が主演した「ピカ☆ンチ LIFE IS HARD だけど HAPPY」(2002)、「ピカ☆☆ンチ LIFE IS HARD だから HAPPY」(04)に続く、10年ぶりのシリーズ第3弾。過去2作では、団地で育ったシュン(相葉雅紀)、ボン(松本潤)、タクマ(二宮和也)、ハル(大野智)、チュウ(櫻井翔)の5人の青春を描き、今作では前作から8年後を舞台に、いつしかバラバラになっていた5人が30代の大人になり、再会を果たす姿が描かれる。前2作を手がけた堤幸彦監督が監修し、「20世紀少年」や「TRICK」といった堤作品で、第2班監督や監督補を務めてきた木村ひさし監督がメガホンをとった。

当初は8月1日から31日まで、TOKYO DOME CITY HALLで限定公開の予定だったが、7月13日にチケットが発売されると、約25万席が翌日には完売。「東京以外でも上映してほしい」と要望が多く寄せられたことから、札幌、名古屋、大阪、福岡でも上映されることが決まった。

これを受けて「嵐」の大野は、「東京以外の方にも嵐の歴史でもある『ピカンチ』を楽しんでいただけることを願っております。『ピカ☆☆ンチ』から8年間のエピソードが詰まっているので、『ピカ☆ンチ』『ピカ☆☆ンチ』を見てから見ればより楽しめると思います。僕にとって『ピカンチ』とは“バカでマジ”な作品です。是非、お楽しみに!」とのコメントも発表している。

各地の会場と上映期間は、札幌=Zepp Sapporo/10月28日~11月2日、名古屋=名古屋国際会議場センチュリーホール/12月20~21日、大阪=シアターBRAVA!/11月5~19日、福岡=都久志会館ホール/11月3~8日。チケット発売は各上映日の約1カ月前を予定。

また、「嵐」メンバー以外の出演陣も発表され、前作でチュウと結婚した弥生役の水川あさみ、ハルとの強引な半同棲を経て結婚までしてしまう君江役の秋山菜津子のほか、上地春奈上島竜兵らが出演していることが明らかにされた。「嵐」主演の「黄色い涙」(07)で二宮和也の母親役を演じていた松原智恵子も、同じ役名の村岡として特別出演しているという。

ピカ☆☆ンチ LIFE IS HARD だから HAPPY[DVD] ピカ☆☆ンチ LIFE IS HARD だから HAPPY[DVD] 最安価格: ¥3,756 東京品川にあるマンモス団地で暮らす5人の若者の青春を描いた嵐主演映画の第2弾。
メイキング・オブ「ピカ☆☆ンチ」[DVD] メイキング・オブ「ピカ☆☆ンチ」[DVD] 最安価格: ¥2,505 J STORM MOVIE第3弾「ピカ☆☆ンチ LIFE IS HARD だから HAPPY」のメイキング映像をリリース。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi