微笑みを抱きしめて
ホーム > 作品情報 > 映画「微笑みを抱きしめて」
メニュー

微笑みを抱きしめて

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

ガンに侵された父親とその家族の絆を描いたドラマ。監督は「大阪の章二クン」の瀬藤祝。カナダのジーン・リトルによる児童文学『パパのさいごの贈りもの』を関功が脚色した。主演の子供たちは舞台となる鹿児島県下よりオーディションで選ばれ、勝野洋と宮崎淑子がその両親にふんしている。なお、この映画は鹿児島県川内市が製作費の半分を出し、同市の市民団体の協力によって作られた。

ストーリー

田舎に帰った翔太は子供のころを回想する。小五の夏休み、翔太は妹を邪魔者にしながら哲夫と遊びまくっていた。翔太のパパ・淳は病院に入院している。やがて退院してきたパパは、自分がガンであることをみんなに告げるのだった。静かなる病気との闘いを隠し持った家族の団欒も束の間、パパはガンが悪化して帰らぬ人となり、悲しみの時期を経て三人家族の生活が始まった。ママが福祉の勉強を初め新しい生活に挑み始めたころ、翔太は教師だったパパの教え子・志穂と知り合いになっていた。志穂はパパを信頼し、またパパも彼女を気にかけていたことを翔太は知っている。翔太はやがて寂しい思いをしている志穂の力になろうとしていった。志穂は母親に捨てられた子供だったが、志穂が同級生から聞いた話を頼りに母親を探しに出かけた時にも、翔太は彼女の話し相手となった。そして翔太は、自分が不安な時にはいつもパパが抱きしめ受け止めてくれたことも思い返していた。新しい生活のため家を売って引っ越しをする日に、翔太や妹のさや香はママを困らせてしまう。この時、実は密かに発していたママのSOSを翔太は感じ、パパに代わってママを受け止めようと思うのだった。そうして時は流れ、成長したさや香がお嫁に行くのを、いま翔太は見送ろうとしている。...

スタッフ

監督
脚本
関功
原作
ジーン・リトル
プロデューサー
三角清子
撮影
須藤昭榮
美術
石井勝貴
音楽
丸谷晴彦
録音
熊谷良兵衛
照明
吉村光巧
編集
三上悦子
助監督
神園浩司

キャスト

作品データ

製作年 1996年
製作国 日本
配給 グループ風土舎

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi