パラダイスビュー
ホーム > 作品情報 > 映画「パラダイスビュー」
メニュー

パラダイスビュー

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

日本復帰前の沖縄を舞台に、かつての人気ミュージシャンだった青年や本士からやってきた植物学者の男たちの生きる様子が、ファンタスティックな村を背景に描かれる。本土から来たイトー以外は古い沖縄の言葉を使うために、日本語字幕が入れられている。脚本・監督は16ミリ「オキナワンチルダイ」など沖縄を撮り続ける高嶺剛、撮影は東司丘宇天が担当。(16ミリを35ミリにブロウ・アップ)

ストーリー

30歳のレイシューは、かつては人気ミュージシャンであったが、今は軍作業もクビになり、祖母の家で毎日ブラブラしている。妹のビンダレーは民謡歌手から本格的シンガーを目指していた。村の手伝い娘チルーはレイシューに思いを寄せている。村には東京からイトーという植物学者が来ており、彼は混血少女ナビーに結婚を申し込んでおり、昔ながらの花嫁の貞操確認の儀式<ヤーグマイ>を行ないたいと願い、ナビーの肉親たちは彼のひたむきさに好感を抱く。ところが、ナビーが妊娠していることが分った。相手はレイシューで、フリーセックスのような青年たちの儀式“毛あそび”のときに関係したという。そんな矢先、レイシューの祖母が過って米軍に射殺されてしまい、その夜、弔問客と喧嘩したレイシューは逮捕されてしまう。しかし、護送の途中、彼はバスから逃げだし、チルーと出会った。その夜、チルーはレイシューがマブイ<魂>を落とした夢を見た。マブイを失うと、物の怪につかれたり“神かくし”に会う。レイシューは密かに“淫豚草”を栽培する洞窟に隠れた。それはハブにかがせると、たちませ精力を失ってしまう悪魔の草なのだ。結婚式にナビーはやって来なかった。イトーは雨の中を植物採集に出かけると、放心したレイシューが土を食べている。神かくしに会った者は、土を食べて呪力を解かなければならない。しかし、そのレイシューは“淫豚草”を食べて狂暴になった虹豚に腹を食われてしまう。太陽がギラギラ照りつける下で、内臓を腹から出したレイシューが苦しそうに歩いているのだった……。...

スタッフ

監督
脚本
高嶺剛
プロデューサー
阿南満三
撮影
東司丘宇天
美術
高嶺剛
音楽
細野晴臣
録音
東満夫
照明
山口引高
編集
PTC
衣裳
横井厚人
メイク
石川須恵子
制作担当
吉川正功
藍沢幸人
助監督
山田強
宣伝
高田由美
スチール
村中修
編集協力
鵜飼邦彦

キャスト

作品データ

製作年 1985年
製作国 日本
上映時間 113分

提供:株式会社キネマ旬報社

他のユーザーは「パラダイスビュー」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi