8時間の恐怖
ホーム > 作品情報 > 映画「8時間の恐怖」
メニュー

8時間の恐怖

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「修羅時鳥」の棚田吾郎と築地六郎の共同脚本を「浮草の宿」の鈴木清太郎が監督、「地底の歌」の永塚一栄が撮影するサスペンス・ドラマ。主なる出演者は「危険な関係(1957)」の金子信雄、「川上哲治物語 背番号16」の植村謙二郎、「牛乳屋フランキー」の利根はる恵。他に深見泰三、志摩桂子、柳谷寛、織田政雄、南寿美子など。

ストーリー

山間の小駅。午前二時を指す時計のかかった待合室には、水害で列車が立往生、足止めを食った乗客がたむろしている。重役夫妻、男女学生、老夫婦、オンリーの夏子、田舎娘など、色々な人がごった返す待合室の隅には、乳呑児を抱えた時枝が、ひっそりと佇んでいた。そして、その傍には一本の手錠でつながれた刑事と殺人犯の森がいた。宿屋のない土地とて一同はバスで次の駅へ出ることになる。しかし行手には山崩れの峠道と八時間の暗夜の行程が待っていた。その上、出発を目前に、二千万円を奪って逃げた二人組の銀行ギャングが、この方面に立回ったという情報が入った。乗客は動揺、バスの人数は半分に減った。残った十四人を乗せバスは不安と恐怖とともに進んだが、漸く夜が明けかけ一同ホッとする。しかし時枝の表情は何故か暗いまま。やがてバスは壊れかけた橋を危うく渡るが、そのドサクサに時枝が姿を消す。全員が捜した末、川に身投げした時枝は救い出されるが、赤ん坊は虫の息。幸いにも医者が乗合せていたが、それは皮肉にも殺人犯の森であった。森は元軍医だったが、復員して妻の不義を見るや逆上して二人を殺したものである。だが彼は今や必死に人命救助の使命に従った。やがて進むバスの前に、今度は二人連れの青年が手を上げた。バスに乗込むや、ボストンバッグを手にした兄貴分の大井は、いきなり刑事を拳銃で射殺、バスはギャングに占領されてしまう。途中、警戒の警官に会っても拳銃で脅された乗客は手出しができない。バスが泥道にはまり込んだ時、夏子は色仕掛で子分を誘い出し、熊の罠に落し、大井が子分の悲鳴に駈けつける間にバスは走り出す。しかし一同が行手を阻む大石を下車して取除けているうちに再び大井が現れる。だが折しも近づいた警官隊のトラックに、慌てた大井は独りバスに飛乗り逃亡を図るが、勢い余って車もろとも崩下へ転落する。峠道には二千万円入りのボストンバッグが何事もなかったように残されていた。...

スタッフ

監督
脚本
棚田吾郎
築地六郎
製作
浅田健三
撮影
永塚一栄
美術
佐谷晃能
音楽
仁木他喜雄
録音
酒井栄三
照明
河野愛三

キャスト

作品データ

製作年 1957年
製作国 日本
配給 日活
上映時間 77分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi