ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序のレビュー・感想・評価

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序

劇場公開日 2007年9月1日
40件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

迫力ある戦闘シーンに興奮しました

非常に面白かったです。 迫力ある戦闘シーンに興奮しました。 魅力的なキャラクター、 日常と非日常が融合したような世界観が特徴的でした。

ただし、 不満もありました。 綾波レイの裸や乳首など、 性的な描写が多すぎます。 また、 グロテスクなシーンも多すぎます。 エヴァンゲリオンは、 エロスとグロテスク (エログロ) がほうふに盛り込まれているため、 その過激さから高い人気を得ました。 しかし、 言い方を変えれば、 それらに支えられた人気に過ぎません。 エログロを大量に挿入していることが何よりの証拠です。 それが駄目だといっているわけではなく、 人気の根源が下品で低俗な部分にあることは否定するべきでないといっているのです。 純粋な感動を追求したスタジオジブリなどの作品とは一線を画すことをむしするべきでない、 という意味です。

また、 序盤の [碇シンジがみた綾波レイの幻影] も、 なかったほうが良かったです。 謎や理由があるわけでもなく、 無意味に配置されたシーンにしか見えません。 TV 版の失敗シーンをなぜ映画版にまで持ち込むのか疑問です。

Check-inや、レビュー投稿には、ニックネームが必要です
Check-inや、レビュー投稿には、ニックネームが必要ですさん / 2017年9月25日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

テレビ版とおんなじm

テレビ版とほぼ同様
ヤシマ作戦は熱くなれる

へまち
へまちさん / 2017年4月20日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

作画技術の向上がもたらしたミス ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

焼き直しなので内容自体の面白さは保証できます。

旧エヴァと比較して悪いなと感じたのはヤシマ作戦直前の会話シーン。
旧エヴァでは「分かりました」と喋る綾波の顔の下半分が影で完全に隠れていて、何を考えているか分からないミステリアスさが演出されてます。
しかし今回の同じシーンでは、影の濃さが調整されて、口の動きが分かるようになってしまっています。
手書きの時代に比べ、作画技法が幅広くなっているんでしょうが、これは選択ミスだったでしょう。

ジンクス
ジンクスさん / 2017年1月15日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

面白い

『序』だけは何故か何度も観てます。
普通に面白いんですよね。

yu→
yu→さん / 2016年11月7日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

55点

映画評価:55点

【TV版】

この10日間でアニメ版、旧映画版と観てきて今回は新劇場版「序」を観ました。

驚愕!

凄く見やすいです
20年前のエヴァンゲリオンではシンジの声が女性寄りだったり、ミサトも顔がミサトなのに月野うさぎの声寄りだったりと個人的に鑑賞しずらかった部分も多かったのですが

それが改善されている!
ミサトの声なんか、30歳後半にも聞こえる様になりました(苦笑)

あとは、やっぱりグラフィックの進歩

昔の全体的に暗くムーディーな雰囲気が一新され、誰でもストーリーに入りやすい明るい雰囲気となりました

内容自体も、アニメ版の余計な部分(ファンに怒られそうだが)が少なくなり、ライトユーザーにも親しみやすくなったと思います

【2015.12.6鑑賞】

ヨコタス@名作探検家
ヨコタス@名作探検家さん / 2015年12月6日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  知的 難しい 寝られる
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

パチンコ打ちたくなります

ありえない世界になぜか入り込んでしまう。圧倒的映像美ゆえか、はたまた綾波レイの魅力ゆえか。力作です。

はむひろみ
はむひろみさん / 2015年11月17日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

やっぱ良い

普通に面白いよね

コバダイ
コバダイさん / 2015年9月17日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

全然おもんない キャラ設定が非現実的すぎ マシンや風景のクオリティ...

全然おもんない
キャラ設定が非現実的すぎ
マシンや風景のクオリティはいいのに
キャラの言動は謎を呼ぶものでなく、ただただ不可解にかんじた

ペコ
ペコさん / 2015年6月15日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

技術の進歩にただただ圧巻

ようやく序を鑑賞。
ストーリーの大枠はTV版と変わっていないのだけど、
ちょこちょこマイナーチェンジされているところがマニアにはたまらないのでしょう。私は小学生の時にぼんやり観ていたり、再放送をやっていたら観る位のライトファンなのでマイナーチェンジにはあまり気づきませんでしたが、、、
小学生の時にTV観ていたものよりアニメーションの技術的進化には驚愕!またストーリーの時代を超えて強度にはただただ頭が下がりました。
破、Qも楽しみ!

cani tsuyo
cani tsuyoさん / 2014年9月11日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  楽しい 興奮 知的
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

前知識が無くても大体は理解できる

テレビ放送があった時には興味が持てず、今更になって、少しは知っておいた方がいいかと思い鑑賞してみた。私にとってはどっぷりとはまり込むほどのものではなかったが、まだまだ解明されていないいくつかの謎があるので、是非続編を観てみたいと思った。

尚
さん / 2014年8月29日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  難しい
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

面白い。

僕は熱狂的なファンでわないのですが、この作品を見て、さすが社会現象になった作品だけあって、面白い。
ものすごく優れたアクション・アニメ映画でした。

tatsu tatsu
tatsu tatsuさん / 2014年4月1日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

なかなかいいですね

ラミエルの動きがいいです。
まあほとんどリメイクなので全く新しいところはほとんどないですが、でもラミエルとの戦いも結構よさげ。
そして早くも渚カヲル登場!!これは意外でした。
また3番目だねって・・・あんた何を知ってるのだ?

アァーッ!!
アァーッ!!さん / 2013年1月4日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  楽しい
  • 鑑賞方法:映画館、DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

見返すのが楽しみ

 劇場公開時は、テレビと同じじゃねえかと腹が立ったのだが、次回作ができるたびに見返していたら、面白くて毎回見返すのが楽しみになってきた。よく練られた面白い話だったことを改めて理解した。

古泉智浩
古泉智浩さん / 2012年11月28日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

これはエヴァではない、ヱヴァである!

「Q」の公開前に、「序」と「破」を再度鑑賞。

エヴァが放送されたのは今から17年前で、劇中の少年少女とほぼ同年代だった自分は当然のように見ていた。
未知の敵と戦うロボット…を一捻り二捻りした斬新な設定。
見る者に媚びない現実味たっぷりの厳しい世界観とショッキングな描写。
使徒って?人類補完計画って?ネルフの真意って?…謎が謎を呼び、さらに謎が深まるストーリー。
全てが従来のアニメを逸し、その洗礼を受けた。
文字通り“新世紀”のアニメ。

とりわけこのアニメに魅入られた要素は、複雑な内面を抱える登場人物たち。
シンジは自分だったのかもしれない。
非常にナイーブでデリケートで、自分に自信も意義も見いだせず、傷付くのを恐れて人と触れ合う事も出来ない。ヤマアラシのジレンマとは上手い比喩だ。
そんなネガティブ過ぎるシンジに見る者は何かしらの共通点を重ね、徐々に心を開いていく様に共感したのだろう。

ロボットアニメの主人公は勇気と正義で敵と戦う。
シンジもエヴァに乗り使徒と戦うが、本当は使徒と戦ってたのではなく、死と恐怖と戦っていた。
これに共通する先行者はガンダムであり、エヴァは紛れもなくその後継者。

さて、この「序」はTVシリーズの1話〜6話までをほぼ踏襲。
テンポ良く少々ダイジェスト的でもあるが、クライマックスに持ってきたヤシマ作戦に至る下りは興奮。
新たに書き起こされた画と音響で興奮は増し、迫力は倍増。
ラストの微笑むレイは非のつけようがないほど美しく映えた。

「序」は日本のアニメのクオリティの高さを再認識し、新たなエヴァ…いや、ヱヴァの始まりに胸躍った。

近大
近大さん / 2012年11月15日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい 興奮 知的
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

映画館で観たかった!

私のエヴァ歴は破の上映よりも後からなのでかなり後追いファンなのですが、
そもそも長年エヴァに対するイメージがこてこてのSF、ロボット、萌え、中学生のエログロ、とまったくそそられない要素だらけだったので
ハードルが高くて、人気なのは分かってたんですがなかなか手が伸びませんでした。
でも周りの押しの強さに負けてTVシリーズから旧新劇場版と一通り観て、
それでも世間がいうほどハマらず、でもなぜか2周目を観てしまってw、ライトファンになり、3周目を観る頃には虜になってしまいましたw

そのエヴァシリーズの庵野さんなりの最後のけじめになるであろう(じゃなきゃ困るw)4部作のうちの第1作目。
最初によくわかってないうちに観た時はまたTV、DEATHと変わんないことやってるだけじゃんと思ったのですが、
なるほどそういうことかという伏線がチラホラ。
まさに序破急の序にぴったりの作品です。

人間て機械じゃないし昨日と今日が全く同じなんてことは1日だってなくて、
だけど長い目でみると歴史は繰り返してばかり。
同じことを繰り返すしかない葛藤と同じことを繰り返すわけにはいかない葛藤を感じました。

そしてなんといっても映像の美しさ。
これだけで観る価値があるんじゃないかと思います。

TV版問題の25、26話を最初に観た時は例外に漏れず、なにがおめでとう(´∀`)なんよ!となったものだしw、
庵野さんは日頃からそういうハテナが頭の中にあって、とりあえず形から入ってみたものの答えが出ずに放りなげてしまった所ファンがいいように解釈してくれたのかなあとか偉そうに思ってたのですが、
自分なりに考えてから改めて25、26話を観るとスッと入ってくるんですよね。不思議なことに。
きっと“あれ”がやりたかったんだなって。
深そうに見えて中身のない話ではなくて
人間なんて宇宙の一部ですごくちっぽけなので深くて深くて誰にも算数みたいなこれといった答えが出せないテーマなんだと思います。
そして考えだすとまたTV版から観たくなるのがエヴァの怖いところw

エヴァはどの部分から観はじめても最初は「?」だとは思うけどどういうこと?って気になって結局全部観ちゃうような魅力があるので、初見でわからなくてもそれもまたよしかと思います。
観れば観るほどわからなくなることも多いくらいですからw

宇多田ヒカルさんの主題歌もエヴァ好きなんだなあっていうのがすごく伝わって最高でした。

77
77さん / 2011年10月3日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  興奮 難しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

失恋の相手に再会

突然の幕切れで強制終了した(!?)旧世紀版から、約10年。
人類補完計画の謎や○○○はクローンだった的特撮映画並の世界観、
当時シンジ君世代の自分としては友達と侃々諤々したものでした。

時は流れて… 21世紀(2007年)…
僕はミサトさん世代に近づきましたが、エヴァはヱヴァに名前をかえて、あの頃と同じ顔して帰ってきました!!
全編書き下ろしの作画がGood!! 音楽も当時を再現!! ストーリーはちょこちょこ変わってる!!
次回予告もある!!

そして何より、本作にてガンダムのように幅広い世代に愛されるようになった感が嬉しいです。

今回の「序」から始まる新劇場版シリーズ。完結まで見守りたいと思います。

トールポッポ
トールポッポさん / 2011年8月9日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 興奮 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ストーリー自体はそれほど変わっていない

「序」は、ストーリー自体はそれほど変わっていないと思います。
 オリジナルをある程度知っているので、違いに気づくと楽しかったりしました。
 で、最後に次回の予告編があったのですが、旧作とはずいぶん様相が変わってくるみたいでした。やっぱり「序」は「序」ということでしょうか。

 とにかく、旧作は難しくて、いまだによくわからない部分がたくさんあります。もうちょいわかりやすくなってくれるとうれしいです。

ringo
ringoさん / 2010年10月2日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

新劇場版!!!思ったより良かったかも? ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

V放送時に見ていたんですけど、今回の新劇場版の方がストーリーがよくなってて理解しやすかったですね。

分け分からなかったからな~当時。

EVAと使途との戦いはド迫力で凄いんだけど。

ストーリーは分け分からずだったから。

背景が美しくなってるのが良かった。

2010年8月18日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  楽しい 興奮 知的
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ついていくのがやっと

自ブログより抜粋で。
--
 多少の設定こそ耳にしていたが旧作はまったく観たことがなく、本作が完全な初見。
 ということで旧作との差異はわかりようもない上での感想。

 第一弾の今回に限って言えば、基本的にテレビシリーズでの絵コンテを再度描き起こした再編集版らしいので、ダイジェスト版という印象は強く感じた。
 とにかく展開が早く、新参者には話についていくのがやっと。

 自分がSF的世界観に抵抗がないせいか、独特の世界観や専門用語には噂に聞いたほどの難解さは感じないんだけれど、それと同時にこの第一弾を観る限りでは斬新さも乏しい気がした。
 それでも美しい映像や迫力の戦闘シーンは今でも充分通用するもので古さを感じさせることはない。充分満足できるほどの見応えはあった。

かみぃ
かみぃさん / 2009年10月16日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

リビルドの意味 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

公開当時は、日本にいなかったため見ることができず、DVDが発売されてもきっとデジタル映像をブルーレイで鑑賞できるはずと待ちに待って、ついにブルーレイ版を手に入れることができました。

「破」の前にHD見ることができて本当に幸せでした。アニメをHDで見るのは初めてでしたが、このエヴァンゲリヲンの完成度が極めて高いことが改めてよくわかります。前劇場版とTV版とは似て非なるものです。

実際、製作者の意図はいまだに不明ですが、パラレルワールド的世界が構築されつつあるように思われ、カオル君が「碇君、また、3番目なのか?」など、以前のシリーズと別個の世界であるかのような発言をしていたりして、今後が非常に楽しみです。

前シリーズのリリスが月面に投げ出されていたり、本当にこれから何が起こるんでしょうか??

是非、ブルーレイでの鑑賞をおすすめします。

dobuboba
dobubobaさん / 2009年7月29日 / から投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 興奮 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

40件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi