リトル・ダンサー
ホーム > 作品情報 > 映画「リトル・ダンサー」
メニュー

リトル・ダンサー

劇場公開日

解説

イギリスの炭坑町に住む少年ビリーは、偶然目にしたバレエ教室に惹かれ、女の子たちに混じって練習するうち夢中になっていく。めきめき上達する彼に自分の夢を重ね、熱心に指導するウィルキンソン先生。しかし大事なお金をバレエに使うことを知った父は激怒し、教室通いを禁じる。先生はビリーにロイヤル・バレエ学校のオーディションを受けさせたい一心で無料の個人レッスンを行うが、オーディションの朝、炭鉱夫の兄トニーがスト中に逮捕される。

作品データ

原題 Billy Elliot
製作年 2000年
製作国 イギリス
配給 日本ヘラルド映画
上映時間 111分

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

キュートな「ブリティッシュ・ドリーム」物語
リトル・ダンサーの映画評論・批評

1984年、炭坑ストライキに揺れる英国北部。「バレエを習いたい」と言い出した11歳の息子に「男がバレエなんて」と怒る炭坑夫の父。といっても、この映画は「ボーイズ・ドント・クライ」のような深刻なジェンダー論をテーマにしているわけではない...リトル・ダンサーの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
4.2 4.2 (全32件)
  • 不器用さ 男家族の不器用なかんじには泣いてしまった。 お父さんがキツく抱きしめるシーンとか。 お兄ちゃんの「I miss you」はずるい。。 迷いながら、立ち止まりながら でも進んでいく彼は本当に素敵だ... ...続きを読む

    aaaaaayk aaaaaaykさん  2016年8月22日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 見せ方、秀逸 ダンスのシーンが凄く良い 楽しいダンスも怒りのダンスも。 あの曲で先生と一緒に踊りだすのよかったなー。 色んなところが、飽きさせない見せ方だった。 ビリーも、美少年。 美しい顔立ちをしてる。 お... ...続きを読む

    buru buruさん  2016年7月24日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 優しい気持ちになる映画。 主人公の周りに出てくる人々が父親含め、優しい映画。 イギリス映画的な雰囲気とハリウッド的な展開で楽しめました。 ...続きを読む

    にゃんた にゃんたさん  2016年5月15日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「リトル・ダンサー」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi