クレールの刺繍
ホーム > 作品情報 > 映画「クレールの刺繍」
メニュー

クレールの刺繍

劇場公開日

解説

スーパーのレジ係として働く17歳のクレールは、望まない妊娠をして仕事を辞めるはめになり、刺繍職人のメリキアン夫人のアトリエで働くことに。夫人は最愛の一人息子を事故で亡くしたばかりで悲しみに沈んでいたが、2人は刺繍を通して心を通わせていく。監督が自分の妊娠中に脚本を書き始め、3年の歳月をかけて脚本を執筆。主演は「イブラヒムおじさんとコーランの花たち」で注目を集めたローラ・ネマルク。04年カンヌ国際映画祭で批評家週間グランプリ受賞。

作品データ

原題 Brodeuses
製作年 2004年
製作国 フランス
配給 シネカノン
上映時間 88分
オフィシャルサイト  

映画評論

台詞ではなく、ひと針ひと針の刺繍に託して
クレールの刺繍の映画評論・批評

希望を失いかけていた少女の人生が、ある人物との出会いを通して再生する。こう書くと、ありふれた物語に思えるし、地味でもある。しかし、これを「刺繍」というメタファーに絡め、せりふに頼らず、映画ならではの表現力で語りきった監督の技量、その繊...クレールの刺繍の映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
2.5 2.5 (全1件)
  • 地味 総合:60点 ストーリー: 60 キャスト: 65 演出: 65 ビジュアル: 70 音楽: 65 フランスの秋の田舎の淡い陽光。光の使い方が上手で、それは刺繍をする暗い部屋においても同様。全て... ...続きを読む

    Cape God Cape Godさん  2013年3月3日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi