殺人に関する短いフィルム
ホーム > 作品情報 > 映画「殺人に関する短いフィルム」
メニュー

殺人に関する短いフィルム

劇場公開日

解説

ポーランドの巨匠クシシュトフ・キエシロフスキー監督のTVシリーズ「デカローグ」第5話のロングバージョン。青年ヤツェックは、ある日衝動的にタクシー運転手を殺害する。彼の裁判を担当する弁護士ピョートルは、殺人のあった日に弁護士試験に合格していた。ドキュメンタリー監督として活躍してきたキエシロフスキーが、1人の男の殺人から死刑執行までを描いたドキュメンタリー・タッチの作品。

作品データ

原題 Krotki film o zabijaniu
製作年 1988年
製作国 ポーランド
配給 ビターズ・エンド
日本初公開 1989年7月22日
上映時間 85分
オフィシャルサイト  

受賞歴

第41回 カンヌ国際映画祭(1988年)

受賞
コンペティション部門
審査員賞 クシシュトフ・キエシロフスキー
国際映画批評家連盟(FIPRESCI)賞 クシシュトフ・キエシロフスキー
出品
コンペティション部門
出品作品 クシシュトフ・キエシロフスキー

関連ニュース

関連ニュース
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi